巻頭企画 天馬空を行く

「ボクシングはただの殴り合いじゃない。 奥深いその魅力を、 より多くの人に伝えたいですね」

 

ボクシングの魅力を発信

日本ボクシング界の歴史に燦然と輝く功績を残した西岡氏は、2012年に現役引退を発表。その後は、ボクシング解説者を務める他、2013年に兵庫県西宮市、2018年に大阪府心斎橋に、それぞれフィットネスジムを立ち上げ、セカンドキャリアをスタートした。

「兵庫県西宮市にあるのが『西岡利晃GYM-フィットネスボクシングジム-』、大阪・心斎橋のほうが『SPEED KING BOXING FITNESS CLUB』という名称です。どちらのジムもコンセプトは同じで、“老若男女問わず、誰でも楽しめるボクシングジム”。当ジムの会員さんは、30~40代の少し体型が気になりだした方が多いですね。ボクシングフィットネスはダイエットや健康増進につながりますし、“殴る”という非日常体験はストレス発散にもなります。僕も現場で指導にあたっていますよ。
 ジムを立ち上げるにあたり、後進を育てようとは全く考えなかったですね。と言うのも、僕自身が現役時代に全てやりきったから、託したい夢がなかったんです。それよりも、一般的に『殴り合い』『怖い』と思われがちなボクシングの面白さ、魅力をより多くの方に知ってもらいたいと思いました。
 僕は解説者として呼ばれた際も、常に『ボクシングを理解してもらう』ことを意識しています。例えば、リング上で2人の選手が拳を交えているとしましょう。ダウンを奪うような激しい殴り合いは、とてもエキサイティングで画力もある。誰が観ても『面白い』と感じるでしょう。でも、試合はそれだけではありません。『何で今パンチ打たないんだよ』と、観ていてもどかしく感じる瞬間がきっとあると思うんです。しかし、実はそこでは互いの思惑が絡んだ高度な頭脳戦が繰り広げられている。そういう、経験者だから分かる心理状況を、観ている方に少しでも分かりやすく伝えることを心掛けています」

動物愛護活動に尽力

西岡氏は動物愛護活動にも積極的に取り組んでいる。その原動力とは何か。

「日本は経済大国でありながら、動物に対しての考え方はヨーロッパなどと比べると遅れています。ペットは捨てられてしまい、殺処分が安易に行われているのが現状です。それでは、あまりに可哀想じゃないですか。もっと動物に対して愛情を持って接するべきですし、飼う以上は最後まで責任を持って頂きたい。そういう意識の部分を日本全体で変えていき、もっと動物に理解ある国になってほしいと願っています。
 一個人としての具体的な活動は、『尼崎動物愛護センター』と『認定NPO法人日本レスキュー協会』に寄付活動や、ご飯やタオルケットなどの必要な物資を届けています。ときにはセラピードッグと共に、大阪母子医療センターへ訪問することもあり、子どもたちとミット打ち体験を通じて交流を図ることも。そうしてできる範囲ではありますが、微力ながら支援させてもらっています。また、当ジムのメンバーさんが、個人で猫を保護されていて、2019年8月31日には、尼崎に保護猫カフェをオープンさせました。そういった活動もジムのブログなどを通じて、逐一応援させてもらっていますよ」

伝説のボクサーは、家族のために生きる

取材を通じて「諦めない」ことの大切さを繰り返し伝えてくれた西岡氏。力強い言葉の数々には、己の肉体と精神を以って全てを体現してきたという確かなプライドを感じた。その足跡はいつまでも語り継がれていくに違いない。

「ジムの数をこれ以上増やそうとは考えていません。今後も僕の目の行き届く範囲でやっていきたいですね。ボクシングはやっぱり、すごく楽しいスポーツ。トレーニングを通じて1人でも多くの方にその魅力を発信していきたいですね。また、悔いのないボクシング人生を送れたのは、何よりもそばで支えてくれた家族のおかげです。だから、引退後の今は家族のために全てを捧げようと思っていますよ」

(取材:2019年9月)

 

西岡利晃GYM-フィットネスボクシングジム-

所在地 〒663-8247 兵庫県西宮市津門稲荷町5-10
フレクサンス北今津2F
TEL 0798-36-4126
営業時間 平日:14:00~22:00
土曜:10:00~18:00
日・祝日11:00~16:00
定休日 日曜・祝日・夏期・年末年始
URL https://nishiokagym.com/

 

SPEED KING BOXING FITNESS CLUB

所在地 〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-2-16
ツリガネビル本館3F
TEL 06-4395-5959
営業時間 平日: 15:00〜21:30
土曜:11:00〜18:00
定休日 日曜・祝日・夏期・年末年始
URL https://speedking.fit/

 

1 2 3


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 駒田 徳広 時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 畑山隆則