巻頭企画 天馬空を行く

セーリング日本代表 髙野 芹奈 × セーリング日本代表 山崎 アンナ

髙野 芹奈
1998年、大阪府生まれ。小学校~中学校では水泳に打ち込み、中学3年の秋にクラスメイトの田中美紗樹氏に誘われたことがきっかけでセーリングを始める。関西大学第一高等学校に進学し、2014年にはインターハイのFJ級で準優勝、2015年の420級世界選手権大会では女子総合3位に入るなど短期間で頭角を現す。その後「49erFX級」に移り、2016年のアジア選手権を制したことで、リオデジャネイロオリンピックの日本代表に選出。日本セーリング史上最年少となる18歳で五輪出場を果たす。2017年からは山崎アンナ氏とペアを結成。国内トップの座を走り続け、東京オリンピックにも出場する。2021年からは世界最高峰のプロリーグ「SailGP」にも参戦するなど、さらなる高みを目指して活動の幅を広げている。
 

山崎 アンナ
1999年、神奈川県生まれ。兄の影響で7歳からセーリングを始め、レースの中で自分の成長を感じられることに魅力を見いだす。青山学院初等部に入学後、高等部2年まで在籍し、日本体育大学へ飛び入学。2015年にはJOCジュニアオリンピックカップ女子レーザー4.7級で優勝する。2017年から「49erFX級」で髙野芹奈氏とペアを結成し、同年のジュニアワールド選手権で銀メダルを獲得。2021年には東京オリンピックの日本代表として自身初となる五輪出場も果たす。髙野氏も高い信頼を置くセーリングの技術と知識を持ち、船上ではキャプテンとして正確な指示出しを行う「スキッパー」の役割を担う。2022年からは髙野氏と同じく「SailGP」に参戦し、2024年のパリオリンピックに向けてレベルアップを図っている。
 

 

2017年にペアを結成し、日本女子セーリング界のトップを走っている髙野芹奈氏・山崎アンナ氏。結成年のジュニアワールド選手権で銀メダルを獲得、その後も4年連続での世界選手権出場や東京オリンピック出場を果たすなど、競技者としての実力が折り紙付きであることはもちろん、常に明るく姉妹のように笑い合っている人間性もファンの心をつかんでいる。共にまだ20代前半、実績豊富ながら将来性もある2人ならではの視点で、セーリングの魅力と競技に懸ける思いについて余すところなく語り尽くしてもらうインタビュー。





 


〈本号の見所〉

・セーリングとの出合い、初めて波に乗った時のこと
・“アンセナ”ペア結成に至るまで
・コロナ禍の中での東京五輪までの道のり
・本番で得た収穫と次の五輪に向けて見えた課題
・世界最高峰のプロリーグ「SailGP」に2人で参戦
・今だから語れる互いに尊敬し合うところ、セーリングの魅力

詳しくは2022年9月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則