巻頭企画 天馬空を行く

日本競輪選手養成所 所長 瀧澤 正光 × 競輪選手 原 大智

瀧澤 正光
1960年、千葉県出身。中学・高校時代はバレーボール部に所属していたが、「自転車に乗れなくても競輪選手になれる」という新聞広告を見たことをきっかけに、日本競輪学校に入学する。同校を卒業し、1979年4月に選手登録。初出走だった大津びわこ競輪場でのレースで初勝利を挙げた。以降、圧倒的な練習量によって鍛え抜かれた脚力で、KEIRINグランプリ優勝2回、日本選手権優勝3回、高松宮記念優勝5回、オールスター競輪優勝2回を飾るなど、中野浩一氏、井上茂徳氏、山口国男氏、佐々木昭彦氏らとともに競輪黄金時代を築いた。2008年6月に現役を引退。現役時代の2007年より日本競輪学校(現日本競輪選手養成所)の名誉教諭を務め、2010年4月1日に第23代校長に就任した。
 

原 大智
1997年、東京都出身。小学6年生から本格的にモーグルを始め、2018年の平昌オリンピック・男子モーグルで銅メダルを獲得。冬季五輪におけるフリースタイルスキー競技の男子種目において、日本人選手としては初の表彰台に立った。2019年5月に在籍していた日本大学を休学し、日本競輪選手養成所に入所。瀧澤所長のサポートもあり、モーグルを続けながらの二刀流の挑戦を決意する。2020年8月にいわき平競輪場で行われた「FII2日目第1レース」で、競輪選手として初勝利を飾った。モーグル選手としては2022年の北京オリンピックにも出場。全日本フリースタイルスキー選手権大会出場後に引退を表明し、3月に行われた「いわき平FI」で競輪への復帰を果たした。
 

 

現役時代はその圧倒的な強さから「怪物」とまで呼ばれた競輪界のレジェンドで、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏。その瀧澤氏に後押しされ、競輪とモーグルの「二刀流」に挑戦したのが、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、現在は競輪一本で勝負する原大智氏だ。年齢もキャリアも異なりながら、他競技から競輪に転身したという共通点を持つ2人が対談形式で、競輪の醍醐味や競輪選手にとって何よりも重要なこと、人生で大切にしていることや競輪界の未来まで、たっぷりと本音で語ってくれた。





 


〈本号の見所〉

・人から勧められてスタートした競輪人生
・瀧澤氏が原選手の挑戦を後押しした理由
・人生で最も過酷だった瀧澤氏との練習
・「努力は何ものにも勝る」という変わらぬ考え
・競輪選手で重要なのは「性格」と「生活」
・競輪選手を子どもたちの憧れの職業にしたい

詳しくは2022年7月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 美穂 水野 裕子 名高達男 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則