巻頭企画 天馬空を行く

野球評論家   鳥谷 敬

鳥谷 敬

TAKASHI TORITANI
1981年6月26日生まれ。東京都東村山市出身。小学生から野球を始め、柔道との掛け持ちで練習に打ち込む。中学時には両膝の成長痛に苦しみ、一時は野球を辞めることも考えたが、父に慰留され聖望学園高校へ進学。3年夏には遊撃手兼投手としてチームを初の甲子園出場に導く。プロ入りを見据えて進学した早稲田大学では、2年春に三冠王、3年春~4年秋までリーグ戦4連覇など輝かしい成績を残し、2003年のNPBドラフト会議で自由獲得枠を通じて阪神タイガースに入団。2年目の2005年には正遊撃手に定着し、チームのリーグ優勝に貢献する。その後も走・攻・守がそろったユーティリティプレーヤーとして試合に出続け、遊撃手として歴代最長となるフルイニング出場記録(667試合)、歴代2位の連続試合出場記録(1939試合)、2000本安打・1000四球などの金字塔を次々と打ち立てる。2020年に16年間プレーしたタイガースを離れ、盟友・井口資仁が監督を務める千葉ロッテマリーンズへ移籍。2021年シーズン終了後に引退を発表し、現在は野球解説者・野球評論家として活動している。
 
 

遊撃手兼投手として甲子園出場、大学では三冠王とリーグ4連覇、阪神タイガースに入団してからは正遊撃手の座を守り続け、同ポジション歴代最長のフルイニング出場を記録―野球人・鳥谷敬の歩みは、そのキャリアだけに目を向けるとエリート街道まっしぐら、順風満帆そのものに見える。しかし、「プロを目標とした瞬間に、明確に野球が楽しくなくなった」と断言する同氏は、常に己の成績・役割と真摯に向き合い、どうすればプロの世界で長く現役を続けられるかを考えながら、自らの力で自らの立場を築いてきた。「野球は仕事」という言葉に込められた哲学と、背景にある野球愛、その先にあるものへ光を当てるインタビュー。




 


〈本号の見所〉

・成長痛や左右転向による不調を乗り越えた少年時代
・大学での才能開花、プロに行けると思った瞬間
・野球=仕事”の哲学
・「2番手である」という唯一無二の武器
・移籍による心境の変化と若手への思い
・引退後の未来について

詳しくは2022年5月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則