巻頭企画 天馬空を行く

FC.ISE-SHIMA 理事長兼監督  小倉 隆史

小倉 隆史

TAKASHI OGURA
1973年、三重県鈴鹿市出身。四日市中央工業高校ではエースストライカーとして活躍し、3年生の時に第70回全国高等学校サッカー選手権大会で優勝。その翌年の1992年に名古屋グランパスエイトに入団した。1993年にはオランダ2部リーグのエクセルシオールへレンタル移籍し、チーム得点王となる活躍を見せる。帰国後にパウロ・ロベルト・ファルカン監督率いる日本代表に選ばれ、アトランタ五輪予選でもエースとして本戦出場に大きく貢献した。引退後はテレビ番組「スーパーサッカー」「NEWS23」などに出演し、解説者として人気を博す。2016シーズンには名古屋グランパスエイトのゼネラルマネジャー兼監督を務めた。その後、東海社会人サッカーリーグに所属するFC.ISE-SHIMAの理事長兼監督に就任し、活躍の幅を増やしている。
 
 

社会人サッカークラブFC.ISE-SHIMAの理事長兼監督を務め、本誌ではゲストインタビュアとしておなじみの小倉隆史氏。現役時代は左足で強烈なシュートを放ち、「レフティーモンスター」と呼ばれた天才ストライカーだった。10代でオランダに渡り、「将来は日本代表の中心選手」と期待された小倉氏は、その後、選手生命を奪いかねない重傷を負う。絶望を味わったリハビリのことから、サッカー選手に必要な「人間力」、日本代表へのエールまで、現役監督であり名解説者でもあった同氏ならではの切り口で存分に語ってもらった。




 


〈本号の見所〉

・全国高校サッカー選手権優勝のこと
・海外移籍と全盛期
・選手生命を脅かす大ケガ
・指導者としてチーム強化への思い
・サッカーを通じた地方創生
・日本代表へのエール

詳しくは2022年3月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則