巻頭企画 天馬空を行く

野球評論家 /前読売巨人軍監督  高橋 由伸

高橋 由伸

YOSHINOBU TAKAHASHI
千葉県出身46歳。桐蔭学園高等学校では1年夏、2年夏に甲子園出場し、慶應義塾大学に進学。大学8シーズン全試合をフルイニングで出場、4年時には主将として優勝に貢献。三冠王獲得、通算23本塁打の東京六大学新記録を樹立するなど、神宮球場で数々の記録を打ち立て、97年ドラフト1位で巨人軍に入団。新人年から開幕スタメンを勝ち取り、巨人では長嶋茂雄氏以来となる新人打率3割をマーク。以降は松井秀喜氏(元NYヤンキース)らと共に球界を代表する選手としてチームをけん引。04年にはアテネ五輪にも出場し、日本の銅メダル獲得にも貢献した。15年現役引退と同時に、読売巨人軍第18代監督に就任。3シーズンの指揮を執り、19年から野球評論家として新たな道を歩んでいる。
 
 

ドラフト1位で巨人に入団し、監督時代も含めて21年間、巨人一筋に野球人生を歩んだ高橋由伸氏。入団時から長嶋茂雄氏に「天才」と称賛され、鮮烈なデビューを飾って以降、プロ野球を代表するスター選手の1人として活躍した。だが他方で幾度もケガを経験するなど、その道のりは決して順風満帆というわけではなかった。野球人生の転機を迎えていた時期の心の内や、自身が考える「プロ野球選手の在り方」、同氏も高く評価する大谷翔平選手のことまで、「人格者」という形容が似つかわしい至誠あふれる言葉で語ってくれた。




 


〈本号の見所〉

・プロ入りからスター選手になるまで
・怪我と向き合う中で見えてきたもの
・プロ野球選手に必要な2つの目標設定
・高橋由伸から見た大谷翔平のすごさ
・監督を経験して得た新たな気づき

詳しくは2022年1月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2022年1月号
COMPANYTANK 2022年1月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、前読売巨人軍監督で、現在は野球評論家として活躍中の高橋由伸さんがご登場!“天才”と称され、プロ野球界のスター選手であり続けながらも、度重なるケガと向き合ってきた野球人生や、現代の天才左打者・大谷翔平選手のことなど、読み応えたっぷりのインタビューとなっております。どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則