巻頭企画 天馬空を行く

大橋ボクシングジム 会長 大橋 秀行 × 日本リアライズ 株式会社 代表取締役 大橋 孝行

大橋 秀行
1965年、神奈川県出身。現役時代はヨネクラボクシングジムに所属し、戦績は24戦19勝(12KO)5敗。1985年に1RKO勝ちを飾り、華々しいデビューを飾った。「150年に1人の天才」と言われ、軽量級離れした強打者ぶりを発揮。1990年2月にWBC世界ストロー級チャンピオン、1992年2月にWBA世界ストロー級チャンピオンとなる。引退後に、大橋ボクシングジムを開設。地元の横浜で後進の指導に当たり、同ジムから、川嶋勝重、八重樫東、井上尚弥、井上拓真、宮尾綾香という5人の世界チャンピオンを輩出した。2013年からは日本ボクシングコミッション(JBC)理事も務めている。ボクシング解説者としても活躍中。
 

大橋 孝行
茨城県出身。大学卒業後、東京リコー(株)に入社。トップセールスマンとして活躍した後、30歳で不動産業界に転身する。4年間勤務した会社では役員も経験。その後、別の不動産会社で2年の経験を経て、2009年1月に日本リアライズ(株)を設立した。創業以来、「ライフプランアドバイザー」として、ライフプランの提案を軸とした住宅販売により着実に実績を上げる。またスポーツ振興の一環として、井上尚弥選手などをスポンサードしている。現在は「人生100年時代」における理想の人生設計によりいっそう積極的に貢献する「ライフメイクプランナー」として、新たな事業に取り組む。
 

 

現役時代、「150年に1人の天才ボクサー」と評され、引退後はボクシングジムの会長として「怪物」井上尚弥選手ら5人の世界チャンピオンを育てた大橋秀行氏。その秀行氏を「兄貴のような存在」として慕うのが、新規事業「ライフメイクパートナーズ」に取り組む日本リアライズ(株)の代表取締役・大橋孝行氏だ。共にボクシングに魅了され、現在は経営者として厚い信頼を寄せられている旧知の間柄の2人が、新しいことに挑戦する意義や、マネジメントで重要な点、逆境を乗り越える方法、井上尚弥選手が「特別」な理由まで、熱く語ってくれた。

 


〈本号の見所〉

・運命を感じた出会い
・世界チャンピオン・井上尚弥の強さの秘密
・経営で重要なのは芯の強さを持つこと
・不断の努力は成功へとつながる
・人を幸せにする“不動産王”へ

詳しくは2021年11月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2021年11月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、井上尚弥選手を始め数々の世界チャンピオンを輩出している大橋ボクシングジムの大橋秀行会長と、ボクサーを支援しつつ新規事業「ライフメイクパートナーズ」で躍進する日本リアライズ(株)の大橋孝行社長がご登場。互いを兄と慕う2人が、挑戦の意義や逆境を乗り越える方法について語り合う、“ダブル大橋対談”をお見逃しなく!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 美穂 時東ぁみ 名高達男 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則