巻頭企画 天馬空を行く

女優 田中 道子

田中 道子

MICHIKO TANAKA
1989年8月24日生まれ。静岡県浜松市出身。オスカープロモーション所属。2013年に「ミス・ワールド 世界大会」の日本代表に選出される。モデルやバラエティ番組のリポーターとして活躍する一方、2016年に「ドクターX~外科医・大門未知子~」で才色兼備な秘書役を演じ、女優デビュー。2018年にはNHK大河ドラマ「西郷どん」で給仕のタマ役を演じ、大きな注目を集めた。以降も、「偽装不倫」「この男は人生最大の過ちです」「極主夫道」「君と世界が終わる日に」など、多くのテレビドラマに出演している。大学では建築学を専攻し、二級建築士の資格を取得。さらにピアノ・ハープ演奏や絵画制作も得意とし、「第104回二科展」絵画部で初出展初入選を果たすなど、多彩な芸術的才能を持つ。
 
 

2016年に女優デビューを果たして以降、数々のテレビドラマに出演し、知的でクールな女性や、感情をまったく表さない鑑識官などの特異な役を演じてきた田中道子氏。「ミス・ワールド 世界大会」日本代表にも選出されたその美貌と、多彩な芸術的才能を兼ね備えた同氏だが、芸能活動を始めてしばらくは、外見と性格のギャップなどの葛藤を抱えていたという。インタビューでは、大きな転機となった「ミス・ワールド 世界大会」出場のことや、モデルと女優の仕事の違いなどについて、飾りのない真摯な言葉で語ってくれた。




 


〈本号の見所〉

・内向的だった子ども時代から単身で上京するまで
・転機となった「ミス・ワールド」出場
・女優業=自分自身をさらけ出す仕事
・趣味を仕事に生かせることの幸せ
・アクション映画出演への意欲
・物事を最後までやり遂げることの大切さ
・地方の活性化に貢献するビジョン

詳しくは2021年9月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則