巻頭企画 天馬空を行く

元ボクシング世界王者 畑山 隆則 × 元ムエタイ世界王者 一戸 総太

畑山 隆則
1975 年、青森県青森市出身。同郷の元WBA 世界フライ級王者・レパード玉熊の世界戦を見たことを機にプロボクサーに憧れを抱き、 辰吉丈一郎がWBC 世界王座を獲得した試合を観てプロボクサーを志す。高校中退後に上京し、1993 年にプロデビュー。元WBA 世界スーパーフェザー級・ライト級チャンピオンとして、日本人4 人目の世界2 階級制覇を果たす。引退後はタレント活動やボクシング・K-1 の解説者、YouTuber など幅広い分野で活躍。また、元WBA 世界ミドル級王者・竹原慎二と共同でボクサ・フィットネス・ジム「T&Hボクサフィットネス」を経営する実業家でもある。
 

一戸 総太
1986 年、青森県北津軽郡鶴田町出身。小学生の頃からスポーツ万能で、中学生の時に畑山隆則選手の試合(2000 年10 月に行われた坂本博之選手との試合)をテレビで見て衝撃を受ける。以来、格闘家を志すようになり、空手道場に通い始める。高校卒業後、プロの格闘家を目指して上京。空手の経験を生かしてキックボクシングの選手となり、WPMF、世界プロムエタイ連盟の日本と世界のタイトルの座を射止める。ムエタイの本場・タイのリングでも試合を経験。30歳で引退し、東京・目白に「目白ムエタイスポーツジム クレイン」をオープンした。
 

 

本誌でゲストインタビュアーを務める元ボクシング世界王者の畑山隆則氏。その畑山氏に憧れて格闘技の道に進んだのが、以前、経営者インタビューで本誌にご登場いただいた元ムエタイ世界王者の一戸総太氏だ。同じ青森県出身の2人は現役時代、2階級制覇を達成するなど圧倒的な強さを誇った。共に10代で上京し、1人の指導者との出会いが選手として大きな転機になったことなど、いくつもの共通点を持つ2人。大きな壁に挑戦することの意義や、指導者としての心構えなどを対談形式でたっぷり語ってもらった。





 


〈本号の見所〉

・ファンのために試合に負けたくなかった
・まるで青森ねぶた祭のようだった東京
・自分の頭で考えない人間は成功しない
・一度しかない人生を悔いなく生きたい
・事業を「続ける」ことの難しさと大切さ

詳しくは2021年7月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 矢部 美穂 名高達男 水野 裕子 時東ぁみ 宮地 真緒 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則