巻頭企画 天馬空を行く

野球評論家 駒田 徳広

駒田 徳広

NORIHIRO KOMADA
1962年9月14日、奈良県出身。奈良県立桜井商業高等学校を卒業後、1980年にドラフト2 位指名を受けて読売ジャイアンツ(巨人)に入団する。3年目から一軍に定着して実績を積み、1994年にFA 権を行使し横浜ベイスターズへ移籍。満塁時の打席で抜群の勝負強さを見せ、「満塁男」と称された。2000年に2000本安打を達成し、同年に現役引退。その後は野球評論家として活動する一方、2005年から東北楽天ゴールデンイーグルス、2009年からベイスターズの打撃コーチを歴任。2012年9月から常磐大学硬式野球部の臨時コーチを務め、同年にチームは3 季ぶりに関甲新学生野球連盟一部リーグへの昇格を決めた。また、2016年から2019年まで、独立リーグ・高知ファイティングドッグスの監督を務めた。2020年9月に、巨人時代の先輩・西尾亨氏と共同経営で「Koma’s House」を開店。
 
 

本誌でゲストインタビュアーを務める野球評論家の駒田徳広氏。現役時代には、満塁時に無類の勝負強さを発揮し、2000 本安打を達成して名球会に入会。守備面でも一塁手として史上最多となる10 度のゴールデングラブ賞を受賞し、輝かしい成績を残した。自身を「異端児」と称するなど、人間味のある一筋縄ではいかないそのキャラクターに魅了されたファンも多い。客観的な自己分析に裏打ちされた独自の思考法は今も健在だ。野球に対する思いからメンタルコントロールの方法、組織論まで、率直な言葉で飾らず語ってくれた。



 


〈本号の見所〉

・駒田徳広の原点、野球との出会い
・「満塁男」と呼ばれるまで
・恩師・藤田元司監督との関係
・長期スパンでの思考が結果につながる
・指導者、解説者としての矜持

詳しくは2021年3月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2021年3月号
COMPANYTANK 2021年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、野球評論家の駒田徳広さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 名高達男 鶴久 政治 水野 裕子 宮地 真緒 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則