巻頭企画 天馬空を行く

競輪選手 佐藤 慎太郎

佐藤 慎太郎

SHINTARO SATO
福島県出身。(学)石川高等学校を経て、日本競輪学校第78 期卒業。競輪選手としてデビュー戦となる1996 年8 月14 日のいわき平競輪場で初勝利を飾る。2003 年には、読売新聞社杯全日本選抜競輪の優勝でG1 初制覇を遂げるなど、順調にキャリアを積む。「KEIRINグランプリ」には、初出場となった2003 年から2006 年まで4 年連続で出場。2008 年に大ケガに見舞われるも、2019 年には13 年ぶりに「KEIRIN グランプリ」に出場し、悲願の初優勝を成し遂げた。同年の最優秀選手賞にも選出。2020 年、通算400 勝を達成した。
 
 

2019 年、競輪界の頂点を争う「KEIRIN グランプリ」で初優勝を飾り、競輪界の頂点に君臨した佐藤慎太郎選手。43 歳になってもなお、強靭な肉体と決して折れない精神力を武器に、トップレベルで戦い続けている。また、ストイックな一面がある一方、抜群のユーモアセンスと、誰からも愛されるキャラクターで多くのファンを魅了しており、競輪界のレジェンドとしての呼び声も高い。そんな佐藤選手に、「何のために戦い続けるのか」「どうして続けられるのか」という疑問を、真正面からぶつけていった。





 


〈本号の見所〉

・競輪の魅力
・競輪選手への道のり
・二軍の改革は寮生活にこそある
・競輪界における「ケガ」の定義
・ファンの存在
・今後について

詳しくは2020年11月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2020年11月号
COMPANYTANK 2020年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、競輪選手の佐藤慎太郎さんがご登場します!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 美穂 鶴久 政治 駒田 徳広 名高達男 時東ぁみ 宮地 真緒 水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則