巻頭企画 天馬空を行く

千葉ロッテマリーンズ二軍監督 今岡 真訪

今岡 真訪

MAKOTO IMAOKA
兵庫県出身。PL学園高校、東洋大学を経て、1996年ドラフト1位で阪神タイガースに入団した。2年目からレギュラーに定着し、2003年には首位打者・ゴールデングラブ賞を受賞する。2005年、プロ野球歴代3位となる147打点を記録。無類の勝負強さで打点王に輝く。2003年、2005年と2度のリーグ優勝に貢献。2010年に千葉ロッテマリーンズへ移籍し、2012年からはコーチを兼任する。同年に引退した。その後、野球解説者などを経て、2016年に阪神タイガース二軍コーチに就任。2018年からは千葉ロッテマリーンズの二軍監督を務めている。
 
 
 
 

千葉ロッテマリーンズの今岡真訪二軍監督。「指導者=教える人」という常識にとらわれることなく、寡黙に選手を見守り続ける姿には、独特の存在感がある。「監督の仕事は選手を観察することと、環境を整えること」と言い切る今岡監督。多くを語らず、鋭い視線で見つめる先に何を思うのか。そのマネジメント論に深く迫る。



〈本号の見所〉

・選手の環境を整える
・指導における1対9の法則
・二軍の改革は寮生活にこそある
・指導者として超一流を目指す
・すべては選手のために

詳しくは2020年7月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則