巻頭企画 天馬空を行く

元マラソン選手 有森 裕子

有森 裕子
YUKO ARIMORI

岡山県出身。日本体育大学卒業後、(株)リクルート(現:(株)リクルートホールディングス)に入社する。1992年バルセロナオリンピックでは銀メダル、1996年アトランタオリンピックは銅メダルと、2大会連続でメダルを獲得。アトランタオリンピックでのレース後のインタビューで放った「自分で自分を褒めたい」という言葉は、同年の流行語大賞に選ばれた。その後はプロランナーの草分けとなり、アスリートの地位向上に貢献。2007年にプロランナーを引退した。現在は講演活動を中心に、マラソン大会やスポーツイベントに参加するほか、国際的な社会貢献活動など多方面で活躍している。

元女子マラソン選手の有森裕子さんは、2大会連続のオリンピックメダリストという実績を持ち、日本女子マラソン界のレジェンドとして知られている。しかし、「決して走ることは好きではなかった」と語る有森さん。その言葉の裏に隠された真意とは。独自の思考法を紐解く。

 

走ることは好きではなかった

現役時代は2度のオリンピック出場を果たし、どちらもメダルを獲得するという快挙を成し遂げた有森さん。どのような歩みを経て、トップアスリートとして大成していったのか。

「私は『走る』ことが好きだったわけではありません。『これは私にできる!』と自信を付けたくて、それを得られたのが走ることだったわけです。というのも、私は生まれつき股関節脱臼を患っていて、スポーツができる体の状態ではありませんでした。自分に自信が持てなかったのです。その中で、一体何ができるのかを探していましてね。中学生のとき、陸上に出合ったのです。きっかけは運動会でした。種目の1つである800m走を、体力的にきついという理由でクラスの誰もがやりたがらない。それで、私は『これはチャンスだ』と思い、思い切って立候補しました。実際に走ってみると、いい成績が残せまして。先頭でゴールテープを切った瞬間、私の中で大きな達成感が芽生えたのです。自分で頑張ったことが形になり、自信につながる。その明快さが楽しかったですね。
 後に、私は走ることを生業に選びます。それは、『好き・嫌い』と『できる・できない』を分けて考えていたからです。どういうことかと言うと、例えば自分が好きなデザインの洋服があったとします。でも、実際に着てみると『私には似合わない』なんて思った経験が、みなさん何度もあるはずです。ここでわかるのは、好きなものが自分に合うとは限らないということ。私の中で好きなものはあります。だけど、それが自信を持てるほど得意なのかと言われると、そうでもない。好きなことは『楽しい』と思えるくらいのちょうど良い距離感で、深掘りする人はあまりいないと思います。ましてや職業の選択は、生きていく手段を決める重要なこと。それを好き嫌いの物差しで選ぶのは、ちょっと違うかなと思っていました」

マラソン選手のキャリアスタート

陸上選手として歩み出した有森さんは、大学卒業後、(株)リクルート(現:(株)リクルートホールディングス)に入社し、陸上部に所属する。初レースとなった1990年の大阪国際女子マラソンでは、初マラソン日本最高記録を打ち出した。

「私がマラソン競技を始めたのは、社会人になってからです。それまでは別の種目に力を入れていました。もともとマラソンに興味はあったし、自分に向いているかもしれないという思いもありましてね。同じことを小出義雄監督から言われたのも後押しになり、機会があったのでマラソン大会への出場を決めました。当時のマラソン界は、レジェンドと呼ばれていた往年の名選手たちが続々と引退し始めていたこともあって、初めて出場するにはチャンスだと思ったのです。
 そうして迎えた初マラソンでしたけど、実は足を痛めていて調子が良くなかったのです。マラソン界には『初マラソンで完走できないのは今後に支障をきたす』というジンクスがあります。それもあって、監督からは本番前に『辞退してもいいよ』と言われていました。だけど、故郷・岡山からは家族や友人が応援に駆けつけてくれていましたから、棄権するわけにはいきません。そんな状態ですから、当日は何とかゴールまで走り抜くことだけを考えていました。記録のことは頭になかったです。
 記録を意識したのは、翌年の大阪国際女子マラソンに出場し、日本新記録を樹立したときです。それまで私にとって、一流と呼ばれる世界の選手たちの存在は遥か彼方にありました。でも、日本記録を打ち立てたことで景色が変わったのです。名選手たちの背中が見えたところまで自分が上がってきたと思いました。そう思うと、オリンピック出場という夢が、具体的な目標へと変わっていたのです」

 

1 2 3


amazonからのご注文
2021年9月号
COMPANYTANK 2021年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ドラマやバラエティ番組で活躍中の女優・田中道子さんがご登場!内向的だったという幼少時代から、仕事における信念、地方活性化への思いまで、ここでしか読めない内容がたっぷりのインタビューです!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 矢部 美穂 名高達男 宮地 真緒 杉田 かおる 畑山隆則