巻頭企画 天馬空を行く

元バレーボール女子日本代表選手 大山 加奈

大山 加奈

KANA OYAMA
東京都江戸川区出身。小学2年生からバレーボールを始める。小中高すべての年代で全国制覇を経験。高校卒業後、東レ・アローズ女子バレーボール部に所属する。18歳で日本代表入りを果たすと、2002年バレーボール女子世界選手権を皮切りに、翌2003年ワールドカップバレーボール、2004年アテネオリンピックなどに出場。2010年に現役引退する。現在はバレーボール界の発展のため、子どもたち向けのバレーボール教室や講演を中心に、多方面で活躍中。
 
 
 
 

力強いスパイクを武器に、「パワフルカナ」の愛称で人気を集めた元バレーボール女子日本代表選手の大山加奈さん。恵まれた体格と才能を生かし、若くして女子バレーボール界のエースとして活躍する。「決して順風満帆ではなかった」という現役時代、いかにして立ち向かい、困難を乗り越えてきたのか。大山さんの経験を通じて、今伝えたいメッセージがあった。


〈本号の見所〉

・バレーボールとの出合い
・高校時代のエピソード
・「メグカナ」ブームの苦悩
・ケガに悩み苦しんだ現役時代
・バレーボール界を変えたい

詳しくは2020年3月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2020年3月号
COMPANYTANK 2020年3月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元バレーボール女子日本代表選手の大山加奈さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 鶴久 政治 宮地 真緒 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 矢部 みほ 畑山隆則