巻頭企画 天馬空を行く

元バレーボール女子日本代表選手 大山 加奈


大山 加奈
KANA OYAMA

東京都江戸川区出身。小学2年生からバレーボールを始める。小中高すべての年代で全国制覇を経験。高校卒業後、東レ・アローズ女子バレーボール部に所属する。18歳で日本代表入りを果たすと、2002年バレーボール女子世界選手権を皮切りに、翌2003年ワールドカップバレーボール、2004年アテネオリンピックなどに出場。2010年に現役引退する。現在はバレーボール界の発展のため、子どもたち向けのバレーボール教室や講演を中心に、多方面で活躍中。

力強いスパイクを武器に、「パワフルカナ」の愛称で人気を集めた元バレーボール女子日本代表選手の大山加奈さん。恵まれた体格と才能を生かし、若くして女子バレーボール界のエースとして活躍する。「決して順風満帆ではなかった」という現役時代、いかにして立ち向かい、困難を乗り越えてきたのか。大山さんの経験を通じて、今伝えたいメッセージがあった。

 

両親を説得して始めたバレーボール

まずは、大山さんがバレーボールを始めたきっかけについてうかがった。

「私がバレーボールを始めたのは小学2年生のとき。小学校に入学した時点で、私の身長は138cmありました。同級生と比べて一回り大きかったため、すぐに上級生の目に留まり、『バレーボールをやってみないか』と誘われたのです。練習を見学してみると、バレーボールをしているみんなの姿がとても輝いて見えた。それで、両親にバレーボールをやりたいとお願いしたのです。でも、もともと体が弱かった私は、喘息の持病を抱えていまして。話を聞いた両親は、私のことを心配して大反対でした。とはいえ、どうしてもバレーボールをやりたかったので、『絶対に辞めないから』と両親を説得し、1年かけてやっと許してもらえたわけです」

小学6年生で「全日本バレーボール小学生大会」優勝を果たすと、その活躍ぶりから「バレー界の金の卵」と注目を集めるようになる。自身はどのような手応えを感じていたのだろうか?

「そもそも私は運動が苦手で、体育の成績はいつも良くありませんでした。ところがバレーボールだけは、どんどん上達していったわけです。バレーボールは決して簡単なスポーツではありませんから、出合いは運命だったのかもしれません。小学生の頃からバレーボール一筋でしたので、『将来はバレーボール選手になる』という思いはどこかにありましたね。他にも、小学生の頃には好きな先生がいて、その影響で小学校の先生になることに憧れていた時期もあります。
 転機になったのは、1996年アトランタオリンピック。当時、小学6年生だった私はオリンピックのバレーボールをテレビで見て、とても感動しました。オリンピックの舞台が特別な世界に見え、憧れを抱いたのです。『いつか日本代表の選手に選ばれて、オリンピックのコートに立とう』と、心の中で誓いました」

真のエースになるための試練

その後、中学3年次に「全国中学校選手権」で優勝。高校はバレーボールの名門・成徳学園高校(現:下北沢成徳高校)に進学する。エリート街道を進む最中、ある試合での出来事が、バレーボール選手として大きな成長を遂げるきっかけとなった。

「高校1年生の頃でした。3年生にとっては最後の大会で、負けたら引退。すでに私はレギュラーとして試合に出場していて、正直なところエースとしての自覚もありました。ところが、試合の大事な場面で私にトスが上がってこなかったのですよ。3年生のセッターは私ではなく、逆サイドの同じ1年生選手にトスを上げ続けたのです。仲間から信頼されていないことが、すごくショックでした。
 よく考えてみたら、私は勘違いをしていたのです。と言うのも、セッターの先輩とその1年生の選手は、試合に向けてずっと一緒に自主練習に取り組み、信頼関係を構築していた。かたや私は、もともと人付き合いが苦手で、自分から話しかけることもできないタイプ。小学生の頃からずっとエースと呼ばれてきた自負もあり、『エースは、スパイクさえ決めればいい』と思っていた節がありました。先輩からしてみれば、そんな孤高のエースに大事なトスは託しませんよね。そこからわかるのは、一緒に戦う仲間から信頼されないとパスはもらえないし、それに勝るものはないということです。『エースはチームメイトから信頼される存在にならないといけない』と痛感しました。
 それからは今まで以上に練習をこなしつつ、仲間とのコミュニケーションを積極的に図っていきましたね。仲間と強い信頼関係で結ばれ、最後ここは絶対に点を取りたい場面で、トスを私に託してくれるのはすごく幸せなことです」

思い出の春高バレー決勝戦

日本一を目指して仲間と共に切磋琢磨の日々を送り、高校3年次にはインターハイ、国体、春高バレーの3冠を達成。中でも、春高バレー決勝戦は自身のハイライトともいえる試合だったという。

「これまで何百試合とコートの上で戦ってきた中で、唯一あの試合だけは『この試合が終わってほしくない』と思うほど充実した時間でした。学生時代はずっとバレーボールで日本一を目指していたものの、高校ではなかなかそのチャンスを掴めなくて、悔しい思いをたくさんしました。それでも諦めずに、やっとの思いでたどりついたのが、あの春高バレー決勝戦だったわけです。コートに立った瞬間、それまで貪欲に勝利に執着していた気持ちが、ふっと軽くなりましたね。だから、試合中はバレーボールが楽しくて仕方なかったです。なぜならば、満員の観客が応援してくださる国立代々木第1体育館のセンターコートでの試合、チームも状態が良く、相手チームの実力も申し分ない。『バレーボールをやってきて良かった』と、心の底から思える最高の環境がすべて整っていましたから。相手チームのメグ(栗原恵さん)からスパイクを決められても、不思議と悔しくなかった。永遠にこの試合が続いていってほしい──本気でそう願っていました」

「メグカナ」ブームの苦悩

かつては「東洋の魔女」と呼ばれ、国民的人気を博していた日本女子バレーボールも、その後は長い低迷期を迎えていた。風向きが変わったのは、2003年頃日本中に巻き起こった「メグカナ」ブーム。立役者は「メグ」こと栗原恵さん、「カナ」こと大山さん、2人の若きエースである。同年のワールドカップバレーボール、2004年アテネオリンピックでの大奮闘は、多くのメディアを賑わせ、一大フィーバーを巻き起こした。

「『メグカナ』という愛称をもらったのは、とてもありがたいことでした。メグとも仲が良かったですし、周囲もそうやって私たちを覚えてくれて。けれど、私は周りの目を必要以上に気にするタイプでした。例えば、私たちだけが取り上げられていることに対する先輩の目や、思うように実力を発揮できなかった試合後のファン、メディアの視線など。また、私たちは常に比較されていて、それで凹むことも少なくなかったです。自分の実力と、それを上回る周囲からの期待がプレッシャーになり、あらゆることが気になり出した結果、純粋な気持ちだけでバレーボールに取り組むことができなくなっていきました。
 今になって振り返ってみれば、あの当時の自分に、もう少し余裕を持てなかっただろうかと思います。だけど20歳前後の若さで、あれだけのプレッシャーに襲われて、重荷を感じてしまったのは仕方がなかったかなと」

 

1 2 3


amazonからのご注文
2020年7月号
COMPANYTANK 2020年7月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、千葉ロッテマリーンズ二軍監督の今岡真訪さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 時東ぁみ 宮地 真緒 鶴久 政治 水野 裕子 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則