巻頭企画 天馬空を行く

サッカー指導者 佐々木 則夫

佐々木 則夫

NORIO SASAKI
1958年5月24日生まれ。山形県尾花沢市出身。帝京高校、明治大学を経て、日本電信電話公社(現:NTT)に入社。電電関東サッカー部(現:大宮アルディージャ)に入部する。現役引退後、大宮アルディージャで監督や強化・普及部長、ユース監督を歴任。2006年、サッカー女子日本代表(通称:なでしこジャパン)コーチに就任し、翌年からは監督を務める。2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会優勝、2012年ロンドン五輪銀メダル、2015年FIFA女子ワールドカップカナダ大会準優勝など数々の実績を残した。現在は、主に(学)十文字学園が運営する十文字学園女子大学の副学長と、大宮アルディージャのトータルアドバイザーとして活躍している。2019年、日本サッカー殿堂に選出された。
 
 
 
 

2011年、国民栄誉賞を受賞したサッカー女子日本代表(通称:なでしこジャパン)。当時チームの監督を務めていた佐々木則夫氏は、ワールドカップ優勝など、世界大会3大会連続ファイナリストという金字塔を打ち立てた。その手腕は、まさしく名将と呼ぶにふさわしい。佐々木氏はいかにリーダーシップを磨き、発揮してきたのか。勝利を生んだ組織マネジメントの真髄に迫る。


〈本号の見所〉

・サッカーとの出合い
・電電関東サッカー部での奮闘
・なでしこジャパンのコーチ就任に至るまで
・世界一に導いた組織マネジメント力
・個の力を引き出すコミュニケーション術
・今後の活動。なでしこリーグへの思い

詳しくは2020年1月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2020年5月号
COMPANYTANK 2020年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元マラソン選手の有森裕子さんがご登場します!

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 駒田 徳広 名高達男 矢部 みほ 鶴久 政治 時東ぁみ 杉田 かおる 水野 裕子 畑山隆則