巻頭企画 天馬空を行く

元ボクシング世界王者 内山 高志

内山 高志

TAKASHI UCHIYAMA
1979年生まれ。埼玉県春日部市出身。高校はボクシングの強豪校に入学し、3年次に国体準優勝を果たす。大学では4年次に全日本アマチュアボクシング選手権大会で優勝した。卒業後はオリンピック出場を目指す中で、2003年に全日本選手権を3連覇、国体も含めアマチュア4冠を達成する。2005年にプロデビュー。2010年にWBAスーパーフェザー級王座に挑戦してタイトル奪取。以後、11度にわたり王座を防衛した。2017年に引退。現在はフィットネスジムを運営するなど、ボクシングの魅力を広く伝える活動を展開中。
 
 
 
 

ボクシングのWBAスーパーフェザー級王者として11度にわたる王座防衛を記録した、元世界王者の内山高志氏。冷静沈着に試合を運びながら、最後は豪快なKOで勝利するその戦いぶりから、現役時代は「ノックアウト・ダイナマイト」の異名で人気を集めた。アマチュアの頃から華やかな経歴を誇る内山氏だが、本人は「謙遜でもなんでもなく、自分はまだまだ弱い、といつも思っていた」と語る。その言葉の真意に迫った。


 


〈本号の見所〉
・ボクシングの道に進むまで
・苦渋をなめた日々からの脱却
・小さな目標をクリアし続け、プロの道へ
・世界王座の11度連続防衛を記録
・ボクシングの面白さを広めるために

詳しくは2019年9月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則