巻頭企画 天馬空を行く

元プロボクサー 長谷川 穂積

長谷川 穂積

HOZUMI HASEGAWA

1980年生まれ。元プロボクサーの父親に小学2年生の頃からボクシングを教わる。1999年にプロデビュー。2005年、14連続防衛中のウィラポン・ナコンルアンプロモーションに勝利し、WBC世界バンタム級王座を奪取。以降10度の防衛を重ねる。その後、2010年にWBC世界フェザー級、2016年にWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得。3階級制覇を達成し、同年に引退した。引退後はボクシング解説者やタレント活動の他、飲食店やフィットネスジムを経営するなど、実業家としても活躍中。
 

 

元プロボクサーの長谷川穂積氏は2016年に引退して以降、ボクシング解説者やタレント活動の他、飲食店やフィットネスジムを経営するなど、実業家としても活躍している。現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る長谷川氏だが、その道のりは当然、平坦なものではなかった。「悔いを残さず引退できたこともあって、今は現役の頃より充実している」と語る長谷川氏に、新たなチャレンジをする楽しみや、過酷な現役時代の中で見いだしたことについて伺った。


 


〈本号の見所〉
・ボクシングを始めた動機と気持ちの変化
・限られた時間の中でのチームづくり
・ジムを経営する理由とは
・やりたいことを見つけて続ける
・自分に勝つという習慣
・ボクサー生活から学んだ人生観

詳しくは2019年5月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 宮地 真緒 名高達男 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ