巻頭企画 天馬空を行く

サッカー指導者 西野 朗

西野 朗

AKIRA NISHINO

1955年、埼玉県生まれ。少年時代からサッカーを始め、早稲田大学在学中に日本代表に選出される。1978年に日立製作所に入社。同社サッカー部でプレーする。1985年、日本サッカーリーグタイ記録の8試合連続得点を決めるなどの活躍により、ベストイレブンに選出される。現役時代の主なポジションはミッドフィルダー。引退後はU-20日本代表、アトランタ五輪代表の監督などを歴任。1998年にJリーグ柏レイソルの監督に就任して以降、約15年にわたり、ガンバ大阪など複数のクラブチームで采配を振るう。Jリーグ通算270勝は、歴代1位の記録を誇る。2018年4月、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督の解任を受けて日本代表監督に就任。同年6月のFIFAワールドカップ ロシア大会でチームを指揮し、グループリーグ突破の成績を残した。
 

 

およそ四半世紀にわたってサッカー界で監督業を務めてきた西野朗氏。2018年には前任者の解任を受け、FIFAワールドカップ ロシア大会に臨む日本代表監督に就任。わずか2ヶ月で組織を変革し、チームを決勝トーナメントに導いた。同氏の監督としての信条は、攻撃的スタイルをぶれずに貫くこと。その思いはこれまでのキャリアの中でいかにして培われ、発揮されてきたのか──。「何か事を起こすためには、受身ではなく自らが動くアグレッシブさが必要」と語る同氏に、話を伺った。


 


〈本号の見所〉
・日本サッカー界のための決断
・限られた時間の中でのチームづくり
・過去の監督経験から得たこと
・選手とのコミュニケーション方法とは
・ポーランド戦の真相
・判断の積み重ねが勝負勘を培う

詳しくは2019年3月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2019年4月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 畑山隆則