巻頭企画 天馬空を行く

プロレスラー 棚橋 弘至(新日本プロレス)

棚橋 弘至(新日本プロレス)

HIROSHI TANAHASHI

1976年11月13日、岐阜県大垣市に生まれる。1999年に立命館大学を卒業し、新日本プロレスに入門。同年10月、真壁伸也(現:刀義)戦でデビューを飾る。2003年、初代U-30王者に。2006年、IWGPヘビー級王座を獲得。業界全体の人気が低迷する中で、新日本プロレスの立て直しに身をささげ、全国各地に出向いて地道なプロモーション活動を展開。プロレス人気復活の立役者の1人となった。得意技は「ハイフライフロー」。IWGPヘビー級王座を7度戴冠し、同タイトル最多戴冠記録を保持している。プロレス以外ではテレビ出演や執筆活動を行う他、2018年には映画『パパはわるものチャンピオン』で初主演を果たすなどマルチに活躍中。主な著書は、『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』(2014年、飛鳥新社)、『疲れない男・棚橋弘至が教える!史上最強のメンタル・タフネス どんなことにもびくともしない「心」が手に入る』(2017年、PHP研究所)。
 

 

プロレスラーの棚橋弘至氏は、1999年に新日本プロレスに入門して以降、同団体とプロレス界を牽引してきたエースレスラーだ。業界全体の人気が低迷していた2000年代、幼少期から自身が恩恵を受けてきたプロレスに対する情熱で、所属団体の立て直しに奮闘。その活動が実を結び、現在は「新日本プロレスが苦しい時を支えた最大の功労者」「プロレス人気復活の立役者」として評価されている。苦境に陥っても諦めることなく挑戦を続けてきた不屈の魂の持ち主の言葉には、ビジネスにも通じるヒントが隠されていた。


 


〈本号の見所〉
・棚橋氏が考える“仕事ができる人”とは
・新日本プロレスをいかに立て直したか
・プロレスよりも“人”を売り込む
・プロモーションの成果はいつ実る?
・虚勢を張る大切さ
・子どもが憧れるレスラーに

詳しくは2019年1月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2019年4月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 矢部 みほ 杉田 かおる 名高達男 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 畑山隆則