巻頭企画 天馬空を行く

アルピニスト 野口 健

野口 健
KEN NOGUCHI

1973年、アメリカ・ボストンに生まれる。外交官を務める父の元、ニューヨーク、サウジアラビアで幼少期を過ごして4歳で日本へ。その後、小学3年生でエジプトへ渡り、中学・高校はイギリスの立教英国学院に在学する。15歳で登山家・冒険家の植村直己氏の著書『青春を山に賭けて』を読んだことをきっかけに登山にのめり込む。16歳でヨーロッパ大陸最高峰モンブラン、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロなどの登頂に成功。1992年、亜細亜大学国際関係学部に入学。1999年、25歳でエベレスト登頂に成功して世界7大陸最高峰登頂を達成するとともに、当時の最年少記録を樹立した。現在は登山以外の活動にも尽力し、エベレストと富士山の清掃活動、シェルパ基金の設立、「野口健環境学校」の開校、マナスル基金の設立、「センカクモグラを守る会」の立ち上げ、国内外における被災地支援活動などを精力的に行っている。
 
 
 

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。


 


〈本号の見所〉
・登山と出会った意外なきっかけ
・エベレストへの挑戦は苦難の連続
・「死を選ぶ自由」はない
・二度の登頂失敗が成功へ導いた
・多様な活動の原動力はヒマラヤ
・何事もバランス感覚と好奇心が鍵

詳しくは2018年9月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒