巻頭企画 天馬空を行く

プロボクサー 井上 尚弥

井上 尚弥 NAOYA INOUE
1993年4月生まれ。身長164.7cm、リーチ171cm。父・真吾氏の指導で小学1年生からボクシングを始める。高校時代はインターハイや全日本選手権などを制し、史上初となる高校生アマチュア7冠を達成した。2012年、大橋ボクシングジムに入門してプロ転向し、国内最短タイ記録となる4戦目で日本王座を獲得。6戦目の世界初挑戦でWBC世界ライトフライ級王座、8戦目でWBO世界スーパーフライ級王座を奪取し、国内最速で2階級を制覇。7度の防衛に成功した後、王座を返上してバンタム級に階級を上げた。2018年5月25日にWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルに挑戦し、3階級制覇を狙う。
 
 
 

プロボクサーの井上尚弥氏が2018年5月25日、東京・大田区総合体育館で、WBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルに挑戦する。プロになって15戦無敗13KO。“怪物(モンスター)”という異名で呼ばれることに納得してしまうほど、パーフェクトとも言えるレコードで快進撃を続ける同氏を、天性の才能に恵まれたボクサーだと感じる人は多いだろう。しかし、同氏自身は「ボクシングに対する自信は、日々の練習の積み重ねで培われている」と強調する。バンタム級世界戦の直前に行ったインタビューにて、その真意に迫った。


〈本号の見所〉
・世界戦を間近に控えた思い
・より強い相手と戦うために
・練習を継続できる秘訣
・高校時代の後悔がモチベーションに
・記録へのこだわりはない
・常に挑戦者であり続けられる場所

詳しくは2018年5月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評発売中!


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒