巻頭企画 天馬空を行く

プロ野球選手 井口 資仁

井口 資仁 TADAHITO IGUCHI
1974年、東京都生まれ。小学生から野球を始め、国学院久我山高校入学後に捕手から内野手に転向。青山学院大学時代には東都大学リーグ史上唯一の三冠王となるなど活躍し、4年生で出場したアトランタ五輪では銀メダルを獲得。1996年、ドラフト1位で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団。プロ初出場の試合で満塁本塁打を放ち、鮮烈なデビューを飾る。1999年、2003年には日本一に貢献。2005年にはMLBのシカゴ・ホワイトソックスに移籍し、移籍1年目から主力として活躍、ワールドシリーズ制覇に貢献した。その後はフィラデルフィア・フィリーズ、サンディエゴ・パドレスを経て、2009年に千葉ロッテマリーンズに入団。2010年には日本一に輝き、2013年には史上5人目となる日米通算2000本安打を達成する。2017年9月、21年間にわたる現役生活に終止符を打った。

日本プロ野球史上初となる新人選手での満塁弾デビューに始まり、日本シリーズを3度、ワールドシリーズを2度制覇。個人タイトルも、盗塁王2度、ベストナイン3度、ゴールデングラブ賞3度を獲得したスタープレーヤー、井口資仁氏。日米通算2408試合出場、2254安打、295本塁打、1222打点という偉大な実績を残した氏は、現役引退直前に何を思うのか。その輝かしい半生を振り返って頂きながら、氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺った。

〈本号の見所〉
・五輪出場がメジャーへの思いを強くした
・スランプ脱却のための「盗塁王」獲得
・メジャーリーグで証明した準備の大切さ
・ポジティブ思考が活躍の秘訣?
・名将・王貞治からの学びと今後への助言
・優秀な選手を育て、世界の舞台に!

詳しくは201711月1日発刊号をご覧ください。
Amazonより好評販売中!

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 時東ぁみ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則