巻頭企画 天馬空を行く

20170501_tenma_h1-02

 

一隅を照らすことで、活動を広げる

20170501_tenma_ex03社会の流れに合わせつつも、自分が正しいと思うことをひたすらに信じて突き進む。シンプルな哲学でありながら、刻一刻と変化する政治・経済動向に大きな影響を受ける企業経営において、その考えを実践し続けるのは決して容易いことではない。しかし中村社長は、この経営論を掲げるようになり、自分の中から迷いが無くなったという。

「ここに行き着くまでには色々な背景がありました。仕事で失敗して、会社が破綻しかけたこともあります。でも今になって振り返ると、そうした経験があったからこそ、仕事において本当に大切なことが分かってきたのだと思います。世の中に必要とされている間は、どうなってもやっていけるだろうと。『世のため人のため』と口では言っていたものの、月が欠ける時期がなければ、その本質に気付くことはできなかったはずです。
 ちなみに、こうして自分の中の軸が定まってからというもの、不思議なほどに人とのご縁が広がってきたんです。しかも、思いが通じ合える方と出会うと決断が早く下せるので、展開が進むのも早いんですね。例えば、2017年4月からは『戦国フォトスタジオSAMURAI』の京都支店がオープンしたんです。これは、忍者をテーマにしたエンターテインメントレストラン『NINJA KYOTO』を手がける方との出会いがあって実現した、コラボレーション事業。レストランの中にスタジオを常設し、忍者と侍が出会った、というユニークなテーマで売り出しています。こうやって、互いに相乗効果のあるコラボレーションを増やしていき、皆さんにもっと楽しんで頂けるものを追求したいですね。同様に、海外の企業ともうまく連携を図って、世界版の『戦国フォトスタジオSAMURAI』を立ち上げるのが、近い将来の目標です。
 実は、会社としては既存の事業を(株)アンビエンテと(株)アミューズプリント、フォトスタジオ事業を(株)サムライアローズとして分社化し、ヘキサゴングループをつくることにしました。こうすることで、一つひとつのブランドのカラーをさらに濃くしながら、新しい展開を増やしていきたいですね」

思いに共感し合える人とつながり、自然に活動範囲を広げていきたいと話す中村社長。一方で、個人的な夢や目標が定まっているわけではないのだという。

「自分の夢は、人の夢とイコールなんです。出会った人の夢を応援したいな、と思うと、そのときから人の夢が自分の夢になっている。自分の照らす明かりで人が楽しくなってくれたら・・・という思いと同じですね。だから、人と出会えば出会うほど自分の夢が膨らんでいくし、その意味で夢はどんどん変わっていきます。例えば、スタジオのポージングを監修してくださっている島口さんの『剱伎道』という新しいメソッドを世界中に広めるという夢も、『NINJA KYOTO』の“忍者文化”を世界に発信したい、という夢も、全部が私の夢。出会った人が『楽しい』と思ってくださることと、『かなえたい』と思っていることを応援する──それが、私が続けていきたいことなんだと思います」

仕事のコツは「楽しさ」にあり

中村社長に話を伺っていると、「楽しい」という言葉がキーワードになっていることに気付く。これほどまでに仕事を楽しめる、その秘訣は何なのだろうか。

「当社のスピリットには、『Enjoy!』という言葉を掲げています。これは、論語にある『知好楽』を元に掲げたものです。仕事を『知っている』人も、『好きである』人も、『楽しめている』人にはかなわないのです。しかし一方で、この『楽しむ』は、まず仕事を知り、好きになり、さらにその先に得られる感情だと思っています。『この仕事を知ってみたい』『この仕事が好き』という思いで働き始める人はいっぱいいますが、楽しめるところまで到達できる人は決して多くありません。逆に、楽しめるようになった人は、その仕事の本質を知ることができたということ。そこまで行けば、少しくらい辛いことがあっても、何だって続けられるようになるはずです。当社では、全員がその『楽しさ』に行き着けるようになることを目指しています。
 私は、イソップ寓話の『北風と太陽』の話が好きなんです。北風と太陽のどちらが旅人のコートを脱がせられるかを競う有名な話ですが、結局服を脱がせることに成功したのは、風を吹き付けてコートを強引に飛ばそうとした北風ではなく、温かな日射しを当て続けた太陽でした。太陽の勝因は、相手のことをよく考え、旅人自身が自然と行動するように促したことですよね。私も太陽のように、他社やお金ではなく、お客様のことを見て仕事をしていきたい。そして、お客様のためになることを精一杯やっていけたら、その先の結果はある程度自然の流れに委ねていいと思うんです。そうやっているうちに私自身、いつしか『仕事をしている』という感覚がなくなってしまったんですよ。お客様の思いや、出会う方の夢が全部自分のものになることは、プレッシャーがある一方で、嬉しくて仕方ないからです。だから、やはり一隅を照らし続けることと、それに夢中になること。楽しく働ける秘訣を挙げるとしたら、そこに尽きるのだと思います」

(取材:2017年3月)

株式会社 ヘキサゴン

創業   2000年4月1日
設立   2001年8月1日
資本金  1000万円
所在地  〒151-0053
東京都渋谷区代々木3-35-10代々木オーシャンビル3F
URL http://www.hxg.co.jp/

 

1 2 3


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則