巻頭企画 天馬空を行く

INAC、そして川澄が見据える未来

成績、そして環境も含め、国内随一の女子サッカーチームとなったINAC神戸レオネッサ。勝利を義務づけられたチームにおいて、川澄はその道程の先に、再び世界との戦いを見据えている。

20131001_tenma_ex02「チームとしては、今シーズン戦うなでしこリーグ、なでしこリーグカップ、皇后杯(全日本女子サッカー選手権大会)、そしてIWCC(国際女子サッカークラブ選手権)─この4つの大会全てで優勝することが目標です。特になでしこリーグカップは夏場の戦いという難しさもありますし、何より私たちがまだ獲得したことのないタイトル。自分たちの立ち位置を確かめる意味でも、もう一度全員がチャレンジャーとして試合に臨んでいきたいと思います。また、リーグ戦は1年通しての戦いですから、時には怪我人が出たり、コンディションが良くない時もあったりするでしょう。しかしリーグ戦を制するためには、どんな状況でも試合に勝ち、勝ち点を積んでいくことが大事になります。チームの総合力が問われますので、キャプテンとしてしっかりとチームをまとめ、一丸となって戦いに挑んでいきたいと思っています。
そして、海外チームと戦うIWCCは私たちにとっても得難い経験となる試合です。昨年にはリーグチャンピオンとして初めてこの大会に出場しましたが、決勝戦でフランスのリヨンに敗れました。世界と戦って味わった悔しさ、そして通用する部分とそうでない部分をメンバー個々人がしっかりと自覚しましたので、今は全員がその舞台を見据えた上でトレーニングに臨んでいます」

INAC神戸レオネッサは、昨年のなでしこリーグカップにおいて日テレ・ベレーザを相手に国内唯一の敗戦を喫した。スポーツの世界においては「負けることで初めて得られるものがある」という言葉もあるが、川澄はその意見に異を唱える。「負けるのは嫌ですから、わざわざ負けなくてもそういう気持ちを持てばいいと思うんです。負けて悔しいという思いはしたくありません」。

20131001_tenma_ex042013年9月1日に行われたなでしこリーグカップ決勝において、INAC神戸レオネッサは川澄のゴールを含む3得点を挙げて岡山湯郷Belleに快勝、同大会で初戴冠を果たした。チームはいよいよ、日本国内においてその地位を盤石なものにしようとしている。
また、川澄は2013年4月、INAC神戸レオネッサにおいてリーグ戦100試合出場をデビューから連続する形で果たしている。最後に、これまでの選手生活を振り返ってもらった。

「100試合はあっという間で、本当のことを言うと自分でも忘れていました。ファンの方が掲げていた横断幕で初めて気づいた位なんです(笑)。それだけ充実していたということでしょうし、実際に振り返ってみると、嬉しかったシーンや悔しかったシーン、様々なことが思い出されますね。そんなこれまでの積み重ねがあって今があるわけですから、今後も特に目標は定めず、常に走り続けながら気がついたら節目を迎えている、という様なアスリート人生でありたいと思っています」

(取材 / 2013年7月)

INAC神戸レオネッサ

運営会社 株式会社 アイナックコーポレーション
本社所在地 〒658-0032 兵庫県神戸市東灘区向洋町中7-1-1
TEL / FAX TEL 078-822-0179 / FAX 078-822-0180
資本 5000万円
URL http://inac-kobe.com
川澄 奈穂美
オフィシャルブログ
http://nahomi-kawasumi.net/

1 2 3


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 水野 裕子 畑山隆則