巻頭企画 天馬空を行く

「55年陸上やってりゃ、金メダルの1つくらい取れるよ」

対談の中で小出がさらりと語ったこの言葉にも驚いた。一生涯を懸けたとしても、金メダルに手が届く人間は極々一握りに過ぎない。しかし、続けて小出が紡いだのは、語り口こそ軽妙ではあるが、まさに真剣そのもの、文字通り「人生を懸けた」エピソードであった。そこには小出が金メダル獲得のために費やした、凄まじいまでの情熱や執念が詰まっている。

──僕は酒を飲もうが何しようが、駅伝やマラソンを忘れたことはないよ。寝ててもマラソンのことを考えてて、マラソンの夢見て寝言を言って、女房に怒られたこともあるよ(笑)。高橋と出会ってから、マラソンで高橋に金メダルを取らせるためにどうすればいいか、ずっと考えてた。みんな無理だって言ってたけど、無理だって思っちゃったら無理なんだ。要は考え方なんだよね。当時、マラソンの日本記録は世界記録と10分の差があった。単純に考えれば、40kmで10分だから4kmで1分、1kmで15秒。だから高橋には「1kmを15秒早く走れるようになろう。そのためのトレーニングはこれだよ」って、厳しいメニューをつくってやらせた。そしたら、オリンピックで優勝して、世界記録をつくれたんだ。
結果を出すために何ができるかって考えはじめたら、考えること、できることはいくらでもある。僕らはアメリカでキャンプを張るんだけど、ある時環境が良くなくて睡眠が取れず、高橋が故障したことがあった。だから僕はアメリカに家を買ったんだ。マラソンにはきちんとした睡眠が大事だからね。靴はオリンピック前に40足以上用意して、その中で一番足に合うものを持って行った。靴が足に合わないと、ストライドが数mm短くなっちゃう。マラソンは何万歩も走るわけで、そうするとたかが数mmが何mにも、何十mにもなる。そこまで計算しないと、身体能力で劣る日本人は世界で勝つことはできないんだ。食事だってそう。外国の大会では食事がきちんと出てくるかわからない。たとえ事前視察で問題がなかったとしても、念には念を入れて予備のプランを持っておく。それが功を奏したこともあったよ。
僕の場合はマラソンだけど、仕事に置き換えてみても一緒だと思うよ。目標があるなら、そこに辿り着くためにどうしたらいいかということを、深く深く考えていかないといけない。考えれば、アイデアは出てくるものだからね。そしてアイデアが出たら、人よりも頑張る。生半可なことじゃ難しいよ。出世をしたいなら、必死で利益を上げるサービスややり方を考えて、必死で働く。社長になりたいなら、どうすれば社長になれるかを考えて、動く。会社の経営だってそう。「今は不況だ、だからしょうがない」なんて思ってちゃそこで終わり。状況は改善できないよね。悪ければ、悪いなりにできることはあるはずなんだ。時間の使い方やコストを見直したり、営業の仕方を効率的にしたり、できることなんて考えればいくらでもあると思うよ。まずは、目的を果たすために考えに考え抜くこと。シンプルだけど、基本はそこだよね。

▲ 君ならできる(幻冬舎)

小出はシドニー五輪前、高橋尚子に差し歯を治しに行かせたそうだ。高橋がシドニーで勝つ。競技場で高橋に降り注ぐ万雷の拍手に両手を挙げて笑顔で応える。その時、いい笑顔であれば、テレビコマーシャルも獲得でき、結果としてお金が残る─。いざ笑顔を見せたとき、差し歯の色が違っていてはみっともないじゃないか。小出は、高橋がシドニーで勝つための作戦はおろか、勝った後のことまでを真剣に考えていたのだ。金メダルを獲るために考えに考え抜き、努力した2人だからこそ、シドニーでの勝利を確信できていたのだと言えよう。成功に対するイメージを極限にまで高めることの大切さが感じられる。
ちなみに、小出がアメリカで家を購入する際につくった借金は、シドニー五輪前に出版した書籍「君ならできる」の印税で支払ったという。本書には、「高橋尚子はシドニー五輪で、2位に50mの差をつけて優々とゴールする」との小出の読みが書かれている。果たして、結果は2位に50mの差をつけた高橋の優勝であった。

1 2 3 4


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則