巻頭企画 天馬空を行く

3本の柱を軸に
夢の1000店舗へ


「生き物全般が好き」という大東は、社長室では何百匹もの鈴虫を飼う。

今後の目標は、全国で1000店舗を展開すること。店が少ない関東と、まだ一店舗も展開していない東北への出店を狙う。その上で軸となるのが、「よりおいしく、より安く、より早く」の基本部分だ。「餃子の王将」を「餃子の王将」たらしめているとも言えるこの理念は、大衆をターゲットとした外食産業の永遠普遍の骨子でもある。

「時代がどんなに変わっても、餃子の王将の礎は絶対に変わらへん。値段、品質、サービス。それをいかに高めていくかを、真摯に突き詰めるところに会社の成長がある。今現在、餃子の王将が多少なりとも成長しているとすれば、その積み重ねを怠らんかったからやと思ってる」。

レベルを高めるという意識を全社で共有するにはどうするか。スタートは常に「自分」にあると大東は言う。

「僕の意欲が幹部社員に伝わり、幹部社員の意欲はエリアマネージャーに、エリアマネージャーの意欲は店長に、そして店長の意欲は従業員に伝わって、最後にお客さんに届く」。
そうして一度伝わった熱い思いは、今度は従業員から店長へ、店長からエリアマネージャーへと逆流していく。気持ちが渦を巻いて循環すればするほど、その流れは強まって伝播していく。

「心は伝えなあかん。伝えるのは言葉や。言葉は気迫から生まれる。気迫を生み出すのは日々の思いと行動や。いかに、店やお客さんに対して熱い思いを持つか、それが肝要やと思う」。

そう語る大東は、上に立つ者にとって最も大切なのは「情熱」だと口にする。
「例えば20人の従業員を店長1人で管理しようとしたら、無理が生じるのは当たり前。下が自ずとついていきたいと思える器。店長にはそれがないとあかんのや。背中で語れる度量がないとあかん。そのために必要なんが情熱。情熱いうんは絶対に忘れたらあかん、上に立つ者にとっては一番大事なことや。情熱を持って、自ら汗をかかな。汗をかくことから、仕事や生き様への誇りも生まれてくる。汗をかいて、自分の力を惜しまんもんに、下はついてくるんや」

1000店舗を展開するために必要なこと答えはやはり、原点の「人」に還る。店長を育成するために、経営と現場の垣根なく大東は走り続ける。時に叱咤怒号し、時に大声で笑いながら。

「何やかんや言っても、僕が考えてるのは単純なこと。従業員が喜ぶことは何や、みんなが楽しく安心して働ける職場とはどんなや。それが一番大事ちゃうの」。

(取材/2009年8月7日)

大東社長を知る10の質問

「餃子の王将」を色に例えると?
赤やな。贈り物でネクタイをいただくときも、ほとんど赤やもん。
その理由は?
やっぱり「炎・情熱」のイメージやろなあ。
20歳の自分に一言 。
自分に自信を持て。
自分を動物にたとえると?
鳩…かな。鳩好きやからな(笑)。でも違うか…猫か、トラ…そのへんかな。
経営者に最も必要なものとは?
人、そして愛。
その理由は?
人なくして経営はできんし、愛なくして人は集まってこん。
オフの日には何をする?
休みはない。たま?にある休みには、家族と旅行とか。
行ってみたい場所は?
エジプトと、アフリカのサファリ。
世界で一番好きな時間は?
朝はよう起きて、飛ばした鳩を見ているときのベランダ。飛んでいる鳩をぼーっと見るんが好きや。
生まれ変わったら何になる?
鳩。

株式会社王将フードサービス

1967年創業、1974年設立。1967年に創業者、加藤朝雄が京都四条大宮に餃子の王将1号店を出店、その後京都市内を中心に店舗展開を進める。現在、直営店353店舗、FC店186店舗を展開。(2009年8月末現在)

1 2 3 4


amazonからのご注文
2019年11月号
COMPANYTANK 2019年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、第25代WBCスーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 矢部 みほ 鶴久 政治 宮地 真緒 水野 裕子 畑山隆則