様々な業界の成功者たちが語る
ビジネスに通じる挑戦の姿勢

一歩踏み出せていないアナタへ
勇気を与える

おかげさまで累計掲載社数16,000社 [117号]

ビジネスにおいて何が大切なのか成功者たちの言葉をまとめた一冊

掲載実績

累計掲載社数

16000社以上

1号あたりの掲載社数

100社以上

累計発行数

117

創刊以来一貫して「一歩踏み出したい人へ、挑戦する経営者の声を届けるメディア」として
のべ16000社、多種多様な分野、業種の生の声をお届けしています。
明日の日本を創る中小企業経営者にインタビューし、熱い想いやをメディアを通じてこれからも発信し続けてまいります。

取り扱い書店

Handring store

文教堂・丸善・三省堂書店・ブックセンター・ブックファースト・ジュンク堂書店・旭屋書店・オリオン書房・有隣堂・アマノ・MARUZEN&ジュンク堂書店・コメリ書房・蔦屋書店

  • 順不同
  • 店舗により、取り扱いがない場合がございます。

取り扱い書店、Amazon、Fujisan、kindleにてお買い求めいただけます。

COMPANYTANK Amazonページ

各界活躍する芸能人アスリート
成功の哲学・メッセージ届ける!

巻頭企画 天馬空を行く

経営者起業魅力著名人たちが
深く掘り下げる経営者インタビュー

インタビュー記事の一例 インタビューの様子

経営者魅力引き出す
豪華インタビュアー陣

ピックアップ

Pick Up

  • 千葉真子

    千葉真子

    1996年のアトランタ五輪陸上女子1万mで5位入賞、1997年の世界陸上アテネ大会1万mで銅メダルを獲得し、日本女子長距離界のトップ選手として活躍する。マラソン転向後はケガに苦渋し、小出義雄氏の下で再挑戦を決断。2度目の世界陸上でマラソン銅メダルを獲得。世界初のトラック、マラソン両種目のメダルを手にした。現役引退後はゲストランナーとしてマラソン大会に出場する他、「千葉真子BEST SMILE ランニングクラブ」を立ち上げ、市民ランナーの指導や普及活動を行う。

  • 宍戸開

    宍戸開

    1988年に大河ドラマ「武田信玄」で俳優デビュー。映画初出演作品である「マイフェニックス」(1989年、西村克己監督)で第13回日本アカデミー賞新人賞を受賞。また、1998~1999年には「くいしん坊!万才(CX)のレポーターを務めるなど、幅広く活動。代表作は「刑事貴族」シリーズ(1990~1992/NTV)、映画「テルマエ・ロマエ」(2012)、「テルマエ・ロマエII」(2014)など多数。五影 開(いつかげ かい)の名義で写真家としても活動する顔を持つ。

  • 水野裕子

    水野裕子

    1998年、SONYのアルカリ乾電池「FACE ON!」のパッケージモデルオーディションに合格。合格者で構成されたユニット「smAsh」にも参加し、芸能活動を開始する。以降、グラビアアイドルや女優などを経て、バラエティでのタレント活動やスポーツキャスターとして人気を博す。2011年4月には、国家資格である「管理栄養士」取得を目指し、4年生大学に進学した。

インタビュアーの声

Voice

矢部美穂さん

矢部美穂さん

躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKは矢部美穂さんから見てどういう雑誌ですか
実は私はインタビュアとしては古株で10年以上続けさせていただいています。今現在はお店「YABEKE (ヤベケ)」を経営しており、同じ経営者の立場でのお話もできるようになって、お話を聞く中でとても勉強になる事も多く、人と人を繋げてくれる雑誌だと思っています。
インタビュアとして楽しい事は何ですか
COMPANYTANKの取材を通じて仲良くなっている経営者の方も多くそこからお仕事に発展したこともあり、とても感謝しています。経営者のリアルな声を聞くこともできるのでCOMPANYTANKに出会って良かったなと実感しています。
名高達男さん

名高達男さん

躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKは名高達男さんから見てどういう雑誌ですか
様々な仕事・職種そして経営者がいて、他とは違う自分たちのカラーを持った人たちが集まっていてその経営者たちの人生観・生き様・苦労が一つに集まっていている雑誌だと思います。
インタビュアとして楽しい事は何ですか
一般の読者の方もそうだと思いますが皆さんの思いが自分の勉強になっている、色々な職種が出てくる中で次は何が出てくるか自分自身とても楽しみにしています、未来の夢を聞くことが出来るのもとても魅力です。
嶋大輔さん

嶋大輔さん

躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKは嶋大輔さんから見てどういう雑誌ですか
起業されて頑張ってらっしゃる経営者の方を成功してほしいと心から応援したくなる雑誌、 それがCOMPANYTANKだと思います。私自身も代表にお話を伺う中で元気をもらったり、勉強になる事も多くとても有難くインタビュアとして対談させてもらっています。
インタビュアとして楽しい事は何ですか
一人ひとりの個性ある経営者の方や若くして事業を始められた人たちも沢山出てきて私自身負けてられないという刺激を常にもらっています。

スタッフ紹介

Staff

瀬尾 和久

瀬尾 和久

出身地
大阪府大阪市
生年月日
1976年3月
趣味
スポーツ観戦(野球・NBA・ボクシング・WWE)・キャンプ
特技
射撃

日本の家庭に初めて電気が灯った電気記念日の3月25日に生まれ、阪神大震災の復興活動を経て出版業界に。
この道27年、インタビューで出会った経営者の方々の人数は数え切れないほどです。
2014年、大病を患い大手術になったにもかかわらず命を救われ、挑戦し続ける方々のお話を聞くたびに自然と体調が回復。
今後は恩返しの気持ちで、皆様の背中を後押しする記者として、頑張り続けます!

徳久 桂太

徳久 桂太

出身地
長崎県佐世保市
生年月日
1986年5月
趣味
フットサル、筋トレ
特技
サッカー

インタビューを通じて出会った方々に、さらに元気になっていただくことです!
これからも様々な人生、お仕事を経験されてきた社長の皆様にお会いできることを楽しみにしております!

江口 雄人

江口 雄人

出身地
東京都杉並区
生年月日
1991年12月
趣味
トキオデラックス、ビッグシューター
特技
ジャグラー

この仕事でなければ聞けない経営者の生の声を通して、日々刺激を頂いています。
自身にはなかった視点を持った方々の話で、視野を広げられることがやりがいです。

磯崎 一樹

磯崎 一樹

出身地
東京都三鷹市
生年月日
1988年1月
趣味
映画、海外ドラマ鑑賞 食べ歩き
特技
バスケ

この仕事の醍醐味は自分の知らない、経験した事のない人生や考え方、仕事に対する姿勢を聴ける事だと思っています。
そして挑戦し続ける社長の熱い思いを形にしていく。読んだ方に元気を与えられる雑誌を作っていきます!

坂本 隼

坂本 隼

出身地
東京都目黒区
生年月日
1996年11月
趣味
スノーボード、レザークラフト、カメラ
特技
スノーボード

インタビューを通じて、皆様の今後の未来に繋がる一つのきっかけとなれたら嬉しいです。
様々な業種の方々のお話しを伺い、自分自身も成長できるよう頑張ります!

酒井 あやめ

酒井 あやめ

出身地
福井県福井市
生年月日
1996年5月
趣味
ドラマ鑑賞、アイドル鑑賞
特技
ウクレレ

経営者の方のインタビューを通して視野を広げることができ、それを日本中の方に届けることができるこの仕事にやりがいを感じています。

八河 夏実

八河 夏実

出身地
熊本県熊本市
生年月日
1995年7月
趣味
ラジオを聴くこと、ライブ鑑賞、昼飲み
特技
バスケ、暗記

自分の知らない世界を覗くことができるこの仕事を通じて、お会いした方の数だけ得られる刺激や気づきを、沢山の方々に届けていきたいです。

村上 剛

村上 剛

出身地
長野県松本市
生年月日
1990年5月
趣味
音楽鑑賞、サッカー観
特技
ランニング

この雑誌を読んだ方が一歩を踏み出せる気持ちになってもらえることが目標です。インタビューを通じてお会いできる方々から、いつも学びと感動をいただいています。経営者の方の想いや魅力をカタチにできるよう日々精進して参ります!

瀬尾 和久
徳久 桂太
磯崎 一樹
江口 雄人
坂本 隼
酒井 あやめ
八河 夏実
村上 剛

お問い合わせ

Contact

お名前
ふりがな
部署
メールアドレス
電話番号
備考

会社概要

会社名 国際情報マネジメント有限会社
代表取締役 八木 阿津子
設立 1990年11月8日
主な取引銀行 三菱UFJ銀行 三鷹支店
多摩信用金庫 三鷹駅前支店
事業内容
躍進企業応援マガジンカンパニータンクの出版
人物の魅力を最大に引き出すインタビュアーによる経営者インタビュー、各界で活躍する 著名人やアスリートにインタビューする特集企画天馬空を行く、ビジネスに役立つノウハウや情報を掲載する「コラム」を1冊にまとめた企業情報誌「躍進企業応援マガジンカンパニータンク」の出版
インターネットサービスの提供
ウェブ上で企業インタビューを掲載する企業紹介ウェブマガジン「注目企業.com」の 運営

躍進企業応援マガジンカンパニータンク編集局

住所 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-32-3名取屋興産ビル3F
TEL 0422-72-8039(代表)
0422-72-8055(企画部)
FAX 0422-72-8037
E-mail info@companytank.jp

編集部

住所 〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-19-18
TEL 0422-48-5931