バックナンバー

2012年7月より、今注目のアーティスト「トーキングブンブン」としての活動もスタートさせる時東ぁみさん。そのコンセプトと、今後の展望について伺う。

時東 トーキングブンブンは、人気急上昇のヴィジュアル系バンド「ゴールデンボンバー」を手がけたtatsuoさんにプロデュースして頂きました。女性アーティストを手がけるのは初めてとのこと、気合いも入ります。
「トーキングブンブン」というアーティスト名の狙いは、インパクトとバカっぽさ。私は勝手に思っているんですが、例えば誰かが「ブンブンって、マジ変じゃない?」と、名前を発してくれた時点で勝ちだなと(笑)。現状として私自身がすごく楽しめているし、とても気に入っているキャラクターです。

― つい口に出してみたくなりますし、印象度は抜群ですね(笑)。そのキャラクターに込められた想いとは?

時東 “女の子の代弁者”というのがコンセプトです。最近、世の男性が草食化していて、それに反比例するように強い女性が増えてきましたよね。にもかかわらず未だに、未練がましい失恋ソングがヒットチャートを賑わせている・・・。私はずっとそのことに違和感を覚えていました。だからデビュー曲は、「本当は女の子は強いんだ」ということを全面に押し出した曲に仕上がっています。この曲を聴いて女の子たちが共感してくれたり、逆に男の子が聴いて「しっかりしなくちゃ」、なんて思ってくれたらすごく嬉しいですね。

― 並行して「時東ぁみ」としての活動も続けられるんですよね?

時東 もちろんです。ただ、トーキングブンブンのほうが自分の素に近いかな(笑)。皆さんが思う私のイメージは、女の子っぽいとか知的っぽいとか運動神経が良さそうとか、結構バラバラなんですけど、素の私はわりと男っぽいところもあって、特に恋愛や友情のことになると姉御肌な一面も(笑)。tatsuoさんも「アイドルをつくる気はないから」と言ってくださいましたし、今までになかったニュータイプのアーティストとして皆さんに面白がって受け入れて頂けたら、本当にありがたいなと思います。

― 弊誌としてもぜひ応援させて頂きます。活躍の幅はますます広がりますね。

時東 はい、自分でもすごく楽しみです。最近になってようやく、仕事においても自然体でいられるようになってきたので、これからはトーキングブンブンも含めて様々なシーンで素の自分を出していきたい。そしてこれからも、流行りものではなく人とは違う何かを、自分発信していけたらなと思います。
事業として密かに温めているのは、オリジナルメガネのリース業。衣装リースがあるなら、メガネのリースがあってもいいんじゃないかって(笑)。アーティストさんやタレントさんが、好んでリースしてくださるようなメガネをプロデュースできたら最高です。

― そのような活動を通じて、多くの方々を笑顔にして頂けたらと思います。

時東 ちょっと大げさすぎますけど、私の座右の銘は「笑顔は地球を救う」。だからまずは私自身が、いつでも笑っていたいですよね。そのうえでできることなら、周りの人を笑顔にできたらなと。実際、私はよく周りから「常に笑ってるよね」と言われます。そしてそう言われること自体、人としてすごくラッキーなことなんだと、心から思うんです(笑)。

インタビュー中、終始ハキハキと笑顔でお話ししてくださった時東さん。「最近ようやく自分が出せるようになった」と語るように、数々の経験を経て今、公私ともに充実されているように窺えた。これからもオリジナリティ溢れる数々の活動を通じ、我々に最高の笑顔を見せてくれるに違いない。

時東ぁみ ときとう・あみ/東京都出身

2005年「ミスマガジン2005」で16000人のなかからつんく♂賞に選出されたことを機にCDデビューを果たす。その後は元祖メガネっ娘アイドルとして写真集の発売、バラエティー番組出演、ラジオパーソナリティを務めるなど活躍の幅を広げていく。2012年7月からは「トーキングブンブン」としてアーティスト活動も開始。

▼時東ぁみオフィシャルブログ 『ぁみログ』
http://ameblo.jp/tokito-ami/

1 2


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒