バックナンバー

女優 五十嵐 めぐみ
女優・五十嵐めぐみ氏は、前号でご登場頂いた大門正明氏とともに、カンパニータンク創刊号よりインタビュアとしてご活躍されている。鮮烈な主演デビュー、結婚による引退、女優業復帰と様々な経験をされてこられた五十嵐氏にとって、女優という仕事、そしてインタビュアの仕事はどのように感じられているのだろうか。「Interviewer's Eye」第2回という場を通じ、五十嵐氏の思いをお届けする。

インタビュー・文・編集:カンパニータンク編集局

 五十嵐氏が「五十嵐めぐみ」という名前で主役デビューを飾ったのは22歳の時。まずは女優を志すきっかけ、そして道程を伺ってみた。

五十嵐 女優を志したきっかけ・・・最初は単純に「テレビに出る人」になりたかったんですね(笑)。私たちの育った時代はちょうどテレビ業界が伸びてきた頃。ご多分に漏れず私もテレビっ子で、朝から晩までテレビにかじりついていました。もともと目立ちたがり屋で、人前で何かをやるのが好きだったこと、そして母の影響で小さい頃にやっていた児童演劇も、どこかで関係していたのかもしれません。
高校までは地元の名古屋にいたのですが、もうその頃から「何としても女優になる」と決意していまして。

─そして、東京へ出られた。

五十嵐 最初は名古屋のタレントセンターに通っていたんですけど、そこは演技指導を専門に行うところではなかったんですね。もっと芝居の勉強をしたいと思い、東京の演劇養成所に通うことにしました。アルバイトをしながらレッスンを受ける、忙しい日々を送っていましたね。

─「テレビに出たい」という想いは、誰しも一度は子どもの頃に思い描くことだと思います。でも、それを貫くことは難しい・・・すごくリスクのある決断だったと思うのですが、不安などはなかったですか?「ダメだったらどうしよう?」という恐怖心とか。

五十嵐 そういうことを考える時点でダメなんだろうな、と思いますね。その点、私はある意味で無鉄砲なところがありましたから。何かをしようと考えても、結局やらなければ何も始まらない。まずはやってみて、ダメならダメでいいですし、やらずに後悔するならやって後悔した方がいい。
私の場合はスカウトをされたわけでも、芸能界に特別なつてがあったわけでもありません。しかも地方から単身出てきているわけで、何もかもを自分で決断する必要がありました。その意味で、「自分を信じる」ということが何より大事だったと思いますね。

─上京されて下積み生活。それがドラマの主演を射止めたことで変わられたと伺っています。

五十嵐 1976年ですね。TBSドラマの「さかなちゃん」で主演を務めさせて頂きました。「女優:五十嵐めぐみ」としてのデビュー作にもなります。それまでも役を頂いてはいたのですが、「さかなちゃん」のヒットによって、女優の仕事1本で生活していくことができるようになりました。ただ、生活スタイルが大きく変わりまして、寝る間を惜しんで台本を覚え、2〜3本の現場を掛け持ちして撮影、深夜に帰宅してまた台本・・・とにかく、忙しかったですね。我ながら「よく台詞を覚えられていたな」と、振り返ってみて不思議に思います(笑)。

女優として多忙な日々を送る五十嵐氏。後に結婚し一線を退くが、夫との死別により女優業に復帰する。

五十嵐 2人の幼い子どもたちがいましたから、当時はとにかく「生活をしていかなくてはいけない」という現実的な問題がありましたね。そんなときに助けてくれたのが母。名古屋から東京に出てきて子どもたちの世話や生活に関することをやってくれたからこそ、私は仕事に専念することができました。また、復帰を支えてくれ、何かと頼みを聞いてくれた事務所の方たちにも感謝しています。自分1人では、どうしようもなかったでしょうね。

─「子どものために」という強さは、女性ならではの部分もあると思います。

五十嵐 「子どものために頑張る、そのための力が湧いてくる」というのは、子どもを持つ女性なら共感して頂けることなのではないかと思います。

─女優というお仕事はある意味で個人事業という側面もあると思います。子どもと従業員という違いはあれど、世の経営者も同じようなプレッシャーを感じ、言わば腹を括っていらっしゃるのかもしれませんね。

五十嵐 私もそう思います。私の場合は家族だけでしたが、従業員、その家族となれば、その重圧は想像を絶するものがあるでしょうね。その際、「何もかも自分で」というのは難しいのかも。私も演技はできますが、自分で自分を売り込んだりはできません。だからこそ、営業やマネジメントはその道のプロにやって頂くことで、私は女優の仕事に専念できているのです。その意味でも、周りの方には今でも支えて頂いていますよ。

─女優をされていくなかで、何か印象的だったエピソードはありますか?

五十嵐 演技へのアプローチを図るという話で一度あったのが、目の見えない子どもを持った母親の役。例えばお医者さんや検事などは過去の引き出しやドラマなどからイメージを掴んだりするのだけど、この役は全く手がかりがなかったんです。そこで人づてに紹介してもらった盲学校を見学させて頂いたりしました。

1 2

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年1月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭には元全日本女子バレーボール選手・木村沙織さんがご登場。半生を振り返って頂きながら、第一線で活躍し続けられた要因を伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

鶴久 政治 水野 裕子 矢部 みほ 名高達男 川﨑麻世 時東ぁみ 杉田 かおる 宮地 真緒 駒田 徳広 畑山隆則