バックナンバー

20140301int_h1-02

山田さんを語るうえで欠かせないものがもう1つある。2006年から挑戦を続ける東大受験だ。企業における人材育成にも通じる「教育」という観点において、山田さんにお話を伺った。

──テレビ番組の企画で東大受験にチャレンジされてから、現在まで受験を続けておられますね。どのような想いで受験に臨まれているのですか?

山田 これまで「かたり」に登場された方々は、ご活躍されてきたフィールドもそれぞれ違いますが、絶対に“諦めない”という部分に共通点があります。私も同じように、東大受験であれ何であれ、どれほど辛くても笑われても諦めたくないんです。それに今は、勉強することが本当に楽しいというのもあります。だからこそ、一度覚えた楽しさを忘れたくはありません。マラソンは走り続けていないと走れなくなってしまいますが、勉強も同じ。数学の問題も英語の論文も、毎日触れていないとすぐに忘れて、解けなくなっちゃうんですよ。ですから僕は、仕事の合間や移動時間は全て勉強するようにしています。

──そうした時間を有効活用する方法は、日々の業務の合間を縫って新事業や資格取得に向けての勉強をされる中小企業の経営者の方々にとっても共感を得るものだと思います。ところで、山田さんがもし経営を担うとしたら、どんな事業を手がけてみたいですか?

山田 僕がもし経営者になるのなら、学習塾を開きたいですね。僕は学生時代、決して勉強ができる子ではありませんでした。そんな当時の僕と同じ悩みを抱える子どもたちに、「勉強って実はこんなに面白いんだ」ということを気付かせてあげたいんです。僕が勉強を面白いと思ったきっかけは、番組の東大受験企画で勉強を教えてくれた現役東大生の教え方が、本当に上手で分かりやすかったから。それで思い返してみると、僕が学生の頃に好きだった先生って、教え方が上手い人ばかりだったなあ、と。つまり教え方次第で、勉強って一気に楽しくなるものだと思うんですよ。

──とはいえ、教育というのは難しいもの。これは、企業の人材育成においても同様だと思います。山田さんにとっての理想の上司像を教えて頂けますか?

山田 「約束を守る人」、これに尽きます。そして、それは僕にとって松竹の勝忠男さんなんです。新人との約束を覚えていてくれて、本当に歌を出させてくれた勝忠男さんのように、どんなことであっても一度した約束は必ず守る。そうすれば部下は絶対にその恩を忘れませんから、この上司についていこう、と心から思うでしょ。勝忠男さんが僕みたいな若造の願いを叶えてくれたことは、独立して18年経ちますが一度も忘れたことはありません。約束を守るというのは非常にシンプルなことですが、人材育成にも通じる最も大切なものだと思いますよ。

──2014年で芸能生活31周年、音楽活動時代を入れたら34周年になる山田さん。今後はどのように歩んでいかれるのでしょう。

山田 松竹芸能では大切な基礎を学び、独立した時には応用期に入りました。そして今、「かたり」を自分の人生の軸に置くことができましたから、今後はこの時期を“発展期”にしていけるように頑張っていきたい。そういった意味で、僕はCOMPANYTANKさんにも登場する“まさにこれから”という経営者の方々と全く同じなんですよ。インタビュアである僕の仕事は、同志として皆さんにエールを送ることだと思っています。そして最後の最後まで語り続け、皆さんを笑わせて、喜ばせていく─、生涯現役でチャレンジし続けていきたいですね。

 勝忠男氏との出会いから「かたりの世界」や教育に込めた想いまで、赤裸々に語ってくださった山田さん。氏のあらゆる活動に通底するのは、「こうありたい」とする理想や目標に対する粘り強い不屈の精神だと感じた。経営者インタビューを通して出会う人々を“同志”と呼び、前向きな姿勢を崩さない山田さんの、今後のさらなる進化が楽しみでならない。

(取材 : 2013年12月)

山田 雅人

やまだ・まさと/1961年生まれ、大阪市大正区出身。
朝の情報番組「おはよう朝日です」にレギュラー出演し、一躍脚光を浴びる。その後はバラエティ番組への出演や、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のレギュラー出演など俳優活動も積極的に行い、全国的な知名度を得るに至った。現在はラジオ出演のほか、「かたりの世界」と題した話芸を披露する公演を行うなど、幅広く活躍中。

■山田雅人 公式ブログ「背番号31」
http://yamada-masato.laff.jp

20140301int_ex-01

 

20140301int_ex-02

1 2


amazonからのご注文
2019年9月号
COMPANYTANK 2019年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元ボクシング世界王者の内山高志さんがご登場!世界王者の栄冠を掴むまでの足跡を辿ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

杉田 かおる 名高達男 矢部 みほ 宮地 真緒 鶴久 政治 時東ぁみ 水野 裕子 畑山隆則