• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 人形町耳鼻咽喉科めまいクリニック 院長 / 医学博士 岩崎 朱見

インタビュー

医療・福祉

人形町耳鼻咽喉科めまいクリニック

東京都出身。医学部を卒業後、大学病院にて耳鼻咽喉科助手や総合病院にて耳鼻咽喉科医長を務める。これらの勤務医としての経験を積む中で、“めまい”に興味を持ち、注力するように。2017年6月に、地元である人形町に「人形町耳鼻咽喉科めまいクリニック」を開業した。

人形町耳鼻咽喉科めまいクリニック
住所 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-35-5
DJK人形町ビル 3F
URL https://www.ningyocho-ent.com/

宮地 “めまい”についても診てくれる院というのは耳鼻咽喉科の中でも非常に珍しいのではないでしょうか?

岩崎 そうですね、めまいを専門的に診ているという診療所は数少ないと思います。もともと私は勤務医時代から、めまいの診療に興味・関心が強くて。めまいと一言で言っても、その症状も原因もさまざまなんですよね。偏頭痛やストレスといった精神的な部分が関わっていることもあれば、気圧に関する場合もありますし、複数の原因が重なって症状に至っている場合もあります。

宮地 私自身も偏頭痛持ちで、めまいを起こすこともあるので、なんとなく自律神経が影響しているのかな、と思っていました。

岩崎 どういうときにそういった症状が出るのかを日々観察しておくことも大切ですね。当院で症状を診させてもらい、耳鼻に問題がなかったとしても、耳鼻科なりにできることはお手伝いさせてもらいたいと思っていて。原因が突き詰められるよう努めています。

宮地 患者さんに寄り添った診察をされている様子がうかがえます。

岩崎 また、西洋医学療法だけではできることが限られているので、場合によっては漢方を処方させていただくこともあるんです。とはいえ、当クリニックでは対応できないことがあった場合は大学病院をご紹介させていただくこともありますし、心療内科の診断が必要だというときには、そちらへのご案内もします。

宮地 患者さんとしては症状が続くと不安ですし、そこまでしっかりとフォローしてくれると安心です。

岩崎 やはり患者様の「良くなった!」という声が嬉しいですし、どこへ行っても治らなかったような症状が改善すると、「今度は、こういう治療を試してみよう」と考えるなど自分のモチベーションにもつながっているんです。

宮地 とことん突き詰めていくという姿勢が素晴らしいですね。

岩崎 ありがとうございます。女性の開業医で、耳鼻の診療を手がけているという院はあまり他では聞きませんので、そういった部分も当クリニックの特徴だと思っています。

宮地 院長はとても親しみやすい雰囲気をお持ちですし、院内も可愛らしい内装で足を運びやすいと思います。

岩崎 院内のレイアウトにもかなりこだわったんです。お花が飾れるように通気性を良くしたり、タイルをオリジナルでつくってもらったりしました。また、現在は感染症対策として、完全予約制にし、換気や消毒もしっかりと行っています。

宮地 今後についてはいかがですか?

岩崎 めまいを専門的に診ていくことで、不安や悩みを抱えている患者様たちに寄り添っていきたいとコロナ禍を通して改めて感じたので、今後も皆さんのお役に立てる診療をしていきたいです。

GUEST COMMENT

宮地 真緒

とても元気で明るい雰囲気をお持ちの岩崎院長。「元気をもらいに来るような患者さんも多い」とおっしゃっていて、実際に院長とお話しした私も納得です。今後も、街のクリニックとして地域の方々はもちろん、めまいの症状に悩まれているたくさんの方の力になっていってください!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2023年9月号
COMPANYTANK 2023年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、かつて“日本初の本格アクション女優”として一世を風靡し、現在は花創作家として活躍中の志穂美悦子さんがご登場!アクション女優の第一人者となるまでの道のりや、10代から持ち続けている開拓精神、実現させたい前人未到の目標などについて、真っすぐな言葉で語り尽くしていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 矢部 美穂 宮地 真緒 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則