インタビュー

スペシャリスト

office TIDA

大学卒業後は防犯用品を扱う企業に就職し営業職に従事。同業界の中で複数の企業を渡り歩く中で中間管理職に就くことに。次第に自身の立場によるストレスが怒りの感情につながっていることに悩むようになる。その際にアンガーマネジメントと出逢い効果を実感。数々の資格を取り2020年にコンサルタントとして独立し、「office TIDA」を立ち上げた。

office TIDA
住所 東京都台東区
URL https://officetida.com/

東京都台東区でアンガーマネジメントコンサルティング事業を展開する「office TIDA」。コンサルタントで同社代表の川田裕輔氏はかつてイライラしがちな自分の性格に悩んでいた。そんな同氏がアンガーマネジメントと出逢い伝播者となった背景にある熱い思いにタレントの嶋大輔さんが迫った。


アンガーマネジメントとの出逢い

 アンガーマネジメントコンサルタントとしてご活躍中の川田代表。さっそく、これまでの歩みから教えてください。

川田 私は大学卒業後から20年ほど営業の仕事に携わっていました。あるとき中間管理職の立場になり上司と部下に挟まれて大きなストレスを感じるようになりました。もともとせっかちだった性格に拍車がかかり、少し嫌なことがあると舌打ちをしたり、車の運転も乱暴になったりするなど、とても怒りっぽくなってしまい─夜も眠れなくなってしまったんですよ。これはなんとかしなければと思い心理学の本をたくさん読んだんです。その中で“アンガーマネジメント”と出逢いました。

 なるほど。そこからアンガーマネジメントを実践されていったんですね。

川田 はい。アンガーマネジメントを進める中で肝心なのは、筋力トレーニングやダイエットと同じように習慣化することです。そこで私も本を読んだり講座を受講したりして努力を重ねるようにしたんですよ。すると、自分で自分の変化に気付くより先に、家族や同僚から「性格が丸くなった」「話しやすくなった」と言われるようになりました。既存のお客様が新規のお客様を紹介してくれるなど、新たな出逢いが増えていきましたね。

1 2


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則