インタビュー

美容・健康

あす楽整体院

中学生時代に出会った整体師の施術を受け、それを機に自身も整体師の道を志す。その後は、フィットネスクラブのインストラクターや清掃業、建物管理業務等に従事。やがて師匠となる整体師との出会いにより本格的に研さんを積み、2018年に「あす楽整体院」を開業した。

あす楽整体院
住所 〒940-2116
新潟県長岡市南七日町73-8
URL https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000481328/

石黒 まずは、富樫院長がこちらの整体院を開業されたきっかけについてお聞かせください。

富樫 一番のきっかけは、中学生の頃に水泳で腰を痛めてしまい、とある整体院の先生の施術を受けたことでした。それまで動けないほどだった激しい痛みが、その日のうちに緩和されたんです。自分も将来は、同じように人の痛みに寄り添う治療家になりたい――その夢に向かってこれまで修業を積み重ね、2018年に念願の当院をオープンした次第です。

石黒 過去に痛みと向き合ってこられたからこそ、今度はご自身の手で同じような人を助けたいと感じられたのですね。

富樫 はい。そもそも痛みは、神経が発生させた不快な信号が体全体に伝わり、硬直した筋肉が骨を歪ませることで悪化します。そのため、直接痛みを感じる部位と、その原因とが離れているケースも多いんです。例えば、腰痛の原因が、実は手首や足首にあったという患者様もいらっしゃいます。そこで当院では、自律神経に働きかける施術やストレッチなどを組み合わせ、痛みの原因に直接アプローチしているんですよ。

石黒 確かに痛みの根本をダイレクトに刺激する施術というのは、非常に効果が実感できそうですね。

富樫 ええ。慢性の腰痛で痛みが激しく、来院時に歩くのがやっとの状態でも、お帰りになる際には、通常の歩行ができるまで痛みを抑えることが可能です。それ以降は、体が記憶している悪い形状を万全な状態に戻すべく、施術を繰り返していきます。一人ひとりの患者様に対して常日頃から丁寧なヒアリングを行い、施術中も些細な体の変化を見逃さずに、当日の状況などに合わせてその都度オンリーワンの施術をしているんですよ。

石黒 まさに、院長は地域の方々の健康を支えている存在なのだと感じました。

富樫 ありがとうございます。おかげさまで70 代・80 代の方やプロアスリート、部活動に励む学生、小顔矯正でお越しになる女性など、幅広い層の患者様にご来院いただいております。他の病院や治療院を回っても痛みの取れなかった方から、最終的に当院の施術によって「痛みが引いた」と言っていただけることもあり、やりがいもひとしおです。そうして笑顔になった患者様の姿をより多く見届けられるよう、技術を向上させるために今も勉強に励んでいます。

石黒 とても頼もしいお言葉ですね。それでは、今後の目標についてもぜひお聞かせください!

富樫 ゆくゆくは施術者を育成し、店舗拡大を図りたいと考えています。そして私自身も現場で施術を続け、より多くの方に寄り添っていきたいです。施術は少しでも早く始めることが肝心で、年齢を重ねるほどに治さなかった影響も大きくなりますので、体調で気になる点がある方はお気軽にご相談ください!

GUEST COMMENT

石黒 彩

富樫院長のお話をうかがう中で、「この方に頼めば何とかしていただける」という安心感を覚えました。生涯現役で突き進む院長だからこそ、患者さんの本当の思いを理解できるのだと思います。今後も、お弟子さんの育成も行いながら、地域の方々を支え続けるその活動を私も応援しています!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則