インタビュー

建築

リフォームのすぷりんぐ

20年にわたって東京の建材メーカーに勤務し、営業として奮闘。2020年に、妻と一緒になった新潟へ戻ってきた。2021年1月、長年の経験を生かして「リフォームのすぷりんぐ」を創業。熟練の腕を持つ職人と契約し、顧客に快適で長持ちする住まいを提供し続けている。

リフォームのすぷりんぐ
住所 〒950-0912
新潟県新潟市中央区南笹口1-1-38
コープオリンピア笹口807
URL https://rf-spring.com/

石黒 「リフォームのすぷりんぐ」さんは、チラシやホームページに料金体系を明記していらっしゃいますね。リフォームの業者さんは料金がわかりにくいところも多いので、新鮮に感じました。

川口 石黒さんがおっしゃる通り、一般的なリフォーム会社は価格を公表していないので見積もりをしなければ詳細がわかりません。でも、それでは料金のイメージが湧かずお客様がリフォームを検討する段階でつまずいてしまいますよね。特に当社は、住まいの修繕なら分野を問わずトータルで手がけるリフォーム会社ですから、複雑なリフォームをわかりやすくご案内するためにも基本的な材料や施工の料金を公開しているんです。

石黒 川口代表が、お客様の立場を第一に考えておられることが伝わります。

川口 リフォーム会社にはどこか「どんな施工をされるのか、いくら請求されるかわからない」という怖いイメージがありますよね。だからこそ私は徹底してお客様に寄り添い、「ここはいじる必要がありません。まだ大丈夫ですよ」「材料や施工方法を変えれば、もっとお安くなりますよ」というように最適なリフォームをご提案し、お客様が安心し納得できるリフォームをご提供しているんです。

石黒 素晴らしいと思います。もう一つ、私が注目したのは「リフォーム相談定期便」というサービスです。

川口 「リフォーム相談定期便」は、当社で施工したお客様のご自宅へ私と職人が年に一度うかがって、新たにリフォームをしたほうがいいところがあるかどうかを確認するサービスです。この手法のメリットは、例えば2、3年後に屋根のお手入れをしたほうがよいと判断した場合、事前に予算や内容をお伝えすることで、お客様が準備をする時間をつくれる点なんですよ。

石黒 なるほど。確かに、リフォームまでに時間の余裕があれば、費用も工面しやすくなります。

川口 ええ。生活に欠かせない衣食住のうち、「住」に関しては、住宅ローンの返済や家賃の支払い以外の出費がなかなか頭に浮かびませんよね。でも、住まいは必ず修繕が必要になるんです。いざ不具合が見つかり、あわててリフォームローンを組んでも損をするだけ。そのような負担を減らし、快適な住まいを維持するために貢献するのが当社の「リフォーム相談定期便」なんです。つまり、お客様と私とで一緒に住まいを管理するための仕組みだと言えますね。

石黒 リフォームのプロである川口代表に親身なアドバイスをしていただけると、とても心強いですよ。ぜひ、今後もリフォームを通じて地域の方々の暮らしを支え続けていってください!

川口 私もそのつもりです。体の動く限りは頑張りたいですし、その間に自分と同じ志の仲間を増やし、当社の事業を引き継いでもらえたら最高ですね!

GUEST COMMENT

石黒 彩

川口代表の「お客様と一緒に住まいを管理する」という言葉はとても素敵だなと感じました。豊富な経験と献身的な姿勢で、自分の家のように住まいを診断してくださる代表であれば、お客さんも安心してリフォームをお任せできると実感しました。今後のさらなるご活躍を私も楽しみにしています!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則