インタビュー

製造・技術

小俣工房(OMATA KOBO)

18 歳で自動車免許を取得したのち、自身で購入した車をカスタムしつつ販売を行う。その後、プロとして理想の中古車販売店をつくりたいという思いから、2020 年に「小俣工房」を創業。新車・中古車販売やカスタマイズ、保険関連の取り扱いなど幅広い事業に尽力している。

小俣工房(OMATA KOBO)
住所 〒 243-0307
神奈川県愛甲郡愛川町半原2803-1
URL https://omata-kobo.com/car-sale/

矢部 小俣代表は、どのような経緯で「小俣工房」を立ち上げられたのですか?

小俣 もともと車が大好きで、18 歳で免許を取得してからすぐに、自分で購入した車のカスタムや販売を始めたんです。活動を進める中で、整備不良のまま車が販売されていたり、適正価格以上の値段が設定されていたりする現状を目の当たりにしました。私自身も同様の被害に遭ったことで、プロとしてそうした問題を解決したいと強く思うようになり、当社を立ち上げたんです。創業以来変わらず、自分が理想とする中古車販売店を目指して、カスタマイズや販売の他、車に関わる業務全般に取り組んでいます。

矢部 そうした小俣代表の強いお気持ちが、こちらのお店の特色にもつながっているのでしょうか?

小俣 ええ。やはり自分が嫌な思いをしたからこそ、お客様には絶対に同じ気持ちを味わってほしくない――そのため当社では、一人ひとりのお客様に対して、一般的な販売店さんの3倍から4倍の時間をかけてヒアリングを行います。正確なご要望をくみ取るとともに、「小俣翔吾」という私の人間性を知って安心していただくべく、プライベートな部分までさらけ出し、お話を重ねていくんですよ。

矢部 お客さんも、お店の方と信頼関係を築けるほうがより安心できますよね。

小俣 まさに、矢部さんのおっしゃる通りだと思います。当社では、車両保証やオリジナルブランドの商品等の取り扱いがあり、購入からアフターケアまで一貫してお任せいただくケースも多いので、何よりも信頼関係の構築を大切にしているんですよ。車の購入についてはもちろんのこと、ローンを組む際のライフプランに関するご相談なども、メリットもデメリットも正直にお伝えした上で、お客様にとって最善のご提案を行います。

矢部 代表の誠実さがうかがえます。今後の展望についてはいかがでしょうか?

小俣 ゆくゆくは自分がカスタムした車を映画に出したいという夢があるんです。個人的にはオフロード車が未舗装道路や険しい山を駆け抜けていくような作品で、自分の車を見てみたいですね。特に四輪駆動車には、用途に応じた多彩なカスタマイズが存在するので、その自由度と楽しさを伝えたいんです。

矢部 最後に改めて、小俣代表の熱い思いをお聞かせください!

小俣 車は、人生の中で非常に大きい買い物ですし、ある意味、人生の一部でもあるような存在です。今後も車のすべてをお任せいただけるよう、プロとしての誇りを持って取り組んでいきます!

GUEST COMMENT

矢部 美穂

創業当初の思いを貫き、お仕事と向き合ってこられた小俣代表。常にお客さんのことを第一に考えてこられたその意志は、きっと関わる皆さんにも伝わっていると感じました。今後も地域の方に愛される中古車販売店としてまい進される代表のご活躍を、私も応援しております!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則