インタビュー

サービス

ベストティアーズ24

学生時代はプロを目指して野球に打ち込み、社会人野球まで続ける。その後は大手不動産会社をはじめさまざまな業界で経験を積み、人脈も構築。ヘッドハンティングされた会社で害虫駆除・清掃・造園・生活サービスの事業を立ち上げ、半年で1億円の売り上げを達成する。2019年に独立を果たし、「ベストティアーズ24」を設立した。

ベストティアーズ24
住所 〒064-0809
北海道札幌市中央区南9条西4-3-15
URL https://sapporo-kabi-taisaku.p-kit.com/

石黒 鎌田代表は現在、害虫・害鳥の駆除を主に手がけていらっしゃるそうですね。業界歴は長いのでしょうか?

鎌田 以前に勤めていた会社で、事業を計画・企画から人集めまで1人で立ち上げて、半年間で1億円の売り上げを達成した経験があります。そのノウハウを生かす形で独立し、実作業に関しても虫の生態や薬剤に関する論文などを参考にしつつ、現場で件数をこなして少しずつブラッシュアップしてきたんです。今は造園業や、カビ取り等の清掃業、家具組立、家庭除雪、車両バッテリー上がり、生活サービス業なども展開し、個人や法人のお客様はもちろん、行政からお声がけいただく機会も増えています。

石黒 会社として着実に成長されている様子がうかがえます。同業他社の多い業界でもあると思いますが、その中で御社の特長はどこにあるとお考えですか?

鎌田 情報開示の部分ですね。私は自分たちの仕事に関して良い部分・悪い部分をすべて開示し、ありのままをさらけ出したうえでお客様から評価していただいています。口コミに関しても、事実と大きく異なるようなこと以外であれば「思ったことをありのままに書いてください」とお伝えしているんです。人間である以上、何もかもを完璧にこなすのは難しいですし、その前提でできる限りのことをさせていただく、という方針にご理解いただける方とお付き合いしております。

石黒 そのくらい正直でいてくださる方のほうが、お願いする側も安心感があると思います。他にも、お客さんと接する際の心がけがあれば教えてください。

鎌田 身だしなみやあいさつといったマナーについては、スタッフを含め徹底しています。仕事のスピード感はもちろん、お客様は私たちの服装・靴や靴下がきれいかどうかという部分も見ていらっしゃるので、「作業員ではなく、出張サービスマンとして訪問するように」と伝えているんです。また、お客様のふとした言葉や仕草から、今求められている距離感を察知し、リラックスできる雰囲気をつくることも大切にしていますね。

石黒 お話をうかがっていて、鎌田代表が生き生きとお仕事に打ち込んでいらっしゃる様子が伝わってきます。

鎌田 ありがとうございます。私の場合、ストレスをかけずに仕事をすることを意識し始めてから、人生のすべてが好転し始めたと感じています。今は毎日がとにかく楽しいんです。

石黒 最後に、そんな代表が思い描く将来のビジョンを語っていただけますか?

鎌田 正直、規模拡大はあまり考えていません。肩肘張らずに自分のペースで、目の届く範囲の人々を幸せにできる仕事を続けたいですね。その中でやりたいことが生まれれば失敗を恐れずチャレンジし、子どもたちから「パパの仕事はかっこいい」と思ってもらえれば理想的です。
 これからも一つひとつの仕事と誠実に向き合ってまいりますので、お困り事がある方はぜひご連絡ください。

GUEST COMMENT

石黒 彩

「お客様が涙を流して喜んでくださった経験が“ベストティアーズ”という社名の由来なんです」と語ってくださった鎌田代表。人を感動させる、喜ばせることに全力を注がれるお人柄に感銘を受けました。害虫駆除や清掃は自宅に上がってもらうお仕事なだけに、代表のような誠実な方にお願いしたいですね。


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則