• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 BOA SORTE 代表取締役 / 社会福祉士 / 精神保健福祉士 藤肥 佑大

インタビュー

医療・福祉

株式会社 BOA SORTE

幼い頃から身近に“障がい”がある環境で育ち、早くから福祉に興味を抱く。高校時代にはアメリカ留学を経験し、積極的なコミュニケーションで人種差別を乗り越え、自ら行動を起こすことの重要性を学ぶ。学業を終えると障がい者の就業を支援する職業指導員になるも、「真に障がい者のことを考えた企業を自分の目で見極め、適切な就職先を開拓したい」という思いが募り独立を決意。(株)BOA SORTEを立ち上げた。

株式会社 BOA SORTE
就労継続支援B型事業所ボアソルチ
住所 〒007-0841
北海道札幌市東区北41条東8-2-2 N41E8MS 1F
URL https://keizoku-b-boasorte.com/
Twitter boasorte_b
Facebook keizoku.b.boasorte
Insragram boasorte.sapporo

障がい者の個性に合わせた作業で技能訓練を行い、理解ある企業への就職を後押しする。そんな就労継続支援B型事業所を札幌市で営むのが(株)BOA SORTEだ。藤肥社長の福祉に懸ける情熱と未来を見据えるビジョンに、タレントの石黒彩さんが迫るインタビュー。


「あなたに何ができますか?」ではなく
「あなたに合った仕事を考えつくります」

石黒 まず、藤肥社長が福祉の道に進んだきっかけからお聞かせください。

藤肥 私は幼い頃から身近に“障がい”がある環境で育ちました。中学生の頃に養護学校や生活介護施設を職場体験で訪問する機会があり、長期休暇でボランティアのお誘いをいただいたことが、将来を決めるきっかけにもなりました。学業を終え、障がいのある方々が、パソコンの入力方法や、履歴書の書き方、面接練習など、一般就労を目指す職業訓練センターのような施設で働き、充実した日々を送っていたのですが、次第に疑問を感じる事も増え――というのも、民間企業の法定雇用率は2.3%で、従業員を43.5人以上雇用している企業は、障がい者の方を1人以上雇用する必要があります。しかし、助成金目当てに適正や特性も考慮せずに障がい者の方を雇用し、期限がきたら契約を終了する企業も多く、悲しさと憤りを感じる現実を経験したんです。

石黒 そんな状況では、障がい者の方が安心して働くことができませんね。

藤肥 おっしゃる通りです。それからは採用情報を鵜呑みにせず採用担当者の方や働くスタッフさんの普段の様子、快適に働ける空気感など、私が会社を訪問して実際に働いたり体験したりしつつ、自らの目線で見ることが重要だと確信し「B型事業所から永年雇用していただける一般就労へ」を会社の1つの理念とし、2020年4月に当社を立ち上げました。

石黒 社名もユニークで素敵な響きですよね。こちらにはどんな由来が?

藤肥 「ボアソルチ」はポルトガル語で「幸せ」「幸せのおすそ分け」を意味し、相手に幸運が訪れることを願う言葉です。ブラジルではサッカーの試合が始まる前に、選手・監督・コーチ、さらに用具係なども含めたスタッフ全員で円陣を組み、この言葉をかけ合い士気を高めます。私は幼い頃から大好きで、今なお現役最年長でご活躍中の三浦知良さんが愛用する言葉でもあるため、社名に取ることにしました。福祉の世界でも当社のような事業所、看護師さん、ソーシャルワーカーさん、企業様など、さまざまな分野のプロが連携して障がい者の方々を笑顔にしたい―この社名には、そんな思いが込められているんです。

1 2


amazonからのご注文
2022年9月号
COMPANYTANK 2022年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、セーリング女子49erFX級の日本代表である髙野芹奈選手・山崎アンナ選手のペアがご登場!本物の姉妹のように笑い合い、そして認め合っているお二人に、セーリングの純粋な魅力や競技としての奥深さ、お互いに尊敬しているところ、次のオリンピックに懸ける意気込みなど、思う存分に語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 水野 裕子 矢部 美穂 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則