インタビュー

サービス

株式会社 U-RENT

不用品回収業に10年ほど携わる中で、物を捨てずに生かしたいという思いを抱くようになり独立を決意。2021年3月に(株)U-RENTを立ち上げる。現在は不用品の出張買取・回収とメンテナンス後の販売・レンタルをセットにした事業を展開し、持続可能な社会の実現に力強く貢献している。

株式会社 U-RENT
住所 〒481-0038
愛知県北名古屋市徳重小崎41
URL https://urent.co.jp/

宮地 板谷社長は、不用品回収のお仕事を長く経験してこられたそうですね。独立の経緯からお聞かせいただけますか?

板谷 前職ではいわゆる「なんでも屋さん」のような会社に勤め、その中で不用品回収の仕事も手がけていたのですが、次第に物を捨てるだけではなく“生かす”ところまで携わりたいという思いが芽生えまして。最初は社内で提案して販売事業を任せていただき、より本格的に取り組みたいと思ったことから、2021年に独立開業に至りました。

宮地 なるほど。回収をお願いする側としても、手放した物が別の場所で誰かの役に立っていると思うと嬉しくなりそうですね。ちなみに、どんな物でも引き取っていただけるのでしょうか?

板谷 一般家庭用の家具・家電・雑貨類から、オフィス用品、店舗の厨房用品まで、基本的には何でも取り扱っております。お客様の不用品を買い取り・回収させていただき、自社でメンテナンスしたうえで販売・レンタルするというのが当社のメイン事業ですね。とりわけ、日本製のお皿や小物類、家具などは造りがしっかりしていることもあって東南アジア諸国での需要が高いんですよ。

宮地 日本国内のみならず、海外にまで流通させているんですね!そうやって物がゴミにならずに循環していると思うと、何だか気持ちが良くなります。

板谷 ありがとうございます。私たちのコンセプトは「物に込められたお客様の思いをつないでいく」ということ。お客様が大切に使われてきた思い出のある品を、次に必要とされている方のところにお届けできればと考えています。

宮地  では、お仕事で気を付けていらっしゃること、スタッフさんと共有されていることを教えてください。

板谷 「人のせいにしない」ということですね。時には思い通りにいかないことや、失敗することもあります。でもそれは今の自分に必要だから起こっていること。決して人のせいにせず、チャンスと捉えて前に進んでほしいと、従業員たちにも日頃から伝えています。

宮地 Webサイトにある「社員が日本一幸せな企業を目指して」というフレーズも素敵だと感じました。それだけ強い思いをお持ちなのだな、と。

板谷 はい。私は前職時代に働き詰めの生活をしていて、何のために働いているのか見失うことも多く――だからこそ、当社はワークライフバランスを重視しつつ、皆に楽しく仕事をしてもらいたいと考えているんです。その中で挑戦したいこと、やりたいことが見つかったなら、全力でバックアップしますよ。

宮地 最後に、会社としての将来のビジョンについても語ってください。

板谷 共に働く仲間をさらに増やし、全員が生きる喜び、成長する喜びを感じられる環境をつくっていきたいですね。私自身、これから社会に羽ばたいていく人材に楽しみを与えられる存在であれるよう、努力を続けてまいります。

GUEST COMMENT

宮地 真緒

「個人的にアウトドアが好きなので、将来的にはキャンプ場の運営や飲食店の経営なども手がけてみたい」と笑顔で話してくださった板谷社長。楽しそうにお仕事をされている姿が印象的でした。リサイクル事業はこの先ますます需要が高まっていくと思いますし、大きく飛躍されていくことを期待してます!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則