インタビュー

建築

株式会社 NISHIKEN

大学までは野球一筋。実家の建設会社を継ぐために大手ゼネコンに就職し、現場監督として経験を積んだ後に家業へ。同時期に少年野球の指導もボランティアで始めるが、会社が廃業となってしまい、自ら起業することを決意する。個人事業主を経て2019年に(株)NISHIKENを設立。現在は良質な外構・造成工事を展開しつつ、少年野球のクラブチームを立ち上げるなどマルチに活躍している。

株式会社 NISHIKEN
住所 〒455-0861
愛知県名古屋市港区大西2-137-2
URL http://nishiken-24.com/

造成工事・外構工事を軸に展開する(株)NISHIKEN。社長の西尾氏は少年野球の指導歴が長く、現在は事業を手がけつつ自らクラブチームを立ち上げ、監督も務める。かつての教え子を社員として採用するなど、独自の取り組みを続ける同氏に、女優の宮地真緒さんが話をうかがった。


軽いフットワークで信頼関係を構築

宮地 さっそく、(株)NISHIKENさんが展開していらっしゃる造成・外構工事業について教えていただけますか?

西尾 当社は主にハウスメーカーさんからの受注で、土地をきれいに整地して隣家との境界にブロック塀をつくる造成工事と、駐車場・カーポート・フェンスなど、住宅以外のあらゆる構造物を建てる外構工事を手がけています。他にもタイル張りなどの左官工事や、解体工事にも対応しており、事業の幅が広いというのが大きな特長なんですよ。

宮地 現在は少数精鋭の体制で現場に出ていらっしゃるそうですね。フットワーク軽く立ち回れるというのも強みになってくるのではないでしょうか?

西尾 そうですね。大きな会社では現場で何か問題が発生しても一度持ち帰って上司と話す必要があるなど、その場での解決がなかなかできません。しかし当社は常に私自身も現場を回っているため、その辺の速度感には自信があるんです。また、私は現場を見に来た施主様や近隣住民の方ともしっかりコミュニケーションを取ることを意識しています。造成ではお隣の敷地に入らせていただくこともあるため、「少しだけ入らせていただきます」「地面を掘りますが、施工後はきちんと処理します」と事前にお声掛けし、トラブルを防いでいるんです。そうして地道に信用と信頼を積み重ねていくことが、私たちのポリシーでもあります。

少年野球の教え子を積極的に採用

宮地 人材不足が叫ばれる建設業界ですが、(株)NISHIKENさんは若いスタッフさんが多いと聞きました。

西尾 ええ。実は、私は学生時代にずっと野球に打ち込んでいて、社会人になってからも仕事と並行して少年野球の指導に情熱を注いできました。そのため、地元には教え子がたくさんいて、何人かは就職のタイミングで当社に入ってくれているんです。その中には、野球を辞めてしまったり、学校を中退してしまったり、さまざまな挫折を味わってきた子たちもいます。でも、私はそういう子ほど積極的に採用して、再度立ち上がるサポートをしたいんです。仕事に必要な資格や免許の取得もバックアップするなど、惜しみない支援を約束しています。

宮地 順風満帆な人生からそれて、一度つまずいてしまった教え子たちの受け皿にもなっていらっしゃると。そんな背景があるからこそ、チームに家族のような絆や結束力が生まれるのでしょうね。

西尾 おっしゃる通りです。普通であれば、「採用したばかりのスタッフをどう指導するか」「どこまで厳しくするか」と悩みが生じるものなのでしょうが、私たちには野球を通じて長年をかけて築いてきた信頼関係があります。お互いに遠慮せずものを言い合える環境だからこそ、「良いものは良い、ダメなものはダメ」と端的に指導することができるんです。

宮地 そうして愛情を注がれながら鍛えられた若手が活躍されていることが、御社の最大の魅力かもしれませんね。

西尾 ありがとうございます。施工の技術はもちろんのこと、礼儀作法についても少年野球時代から指導しているため、若くても周囲への気配りができますし、本当に自慢のスタッフたちですね。

1 2


amazonからのご注文
2022年9月号
COMPANYTANK 2022年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、セーリング女子49erFX級の日本代表である髙野芹奈選手・山崎アンナ選手のペアがご登場!本物の姉妹のように笑い合い、そして認め合っているお二人に、セーリングの純粋な魅力や競技としての奥深さ、お互いに尊敬しているところ、次のオリンピックに懸ける意気込みなど、思う存分に語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 水野 裕子 矢部 美穂 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則