インタビュー

スペシャリスト

株式会社 GEMBAコンサルティング

大学で金属材料を研究し卒業後は缶・ペットボトル製造メーカーに就職する。設計・開発の現場経験を経て、製造業に特化したコンサルティング会社に転職。2019年に個人事業主として活動開始。2021年5月に完全独立を果たし、2021年11月に(株)GEMBAコンサルティングを設立した。

株式会社 GEMBAコンサルティング
URL https://manahibi.com/

千葉 さっそく(株)GEMBAコンサルティングさんの事業と大原社長の強みについて教えてください。

大原 当社の業務は、製造業を中心とした企業の現場改革に貢献することです。生産性の向上や原価削減、DX(デジタルトランスフォーメーション)などといった、現場が抱えるさまざまな課題をコンサルティングを通じて支援しています。また、強みとしては、経営と現場をつなぐことを常に意識したアプローチを心がけている点ですね。というのも、製造現場の改善を掲げるコンサルタントはたくさんいるのですが、そのほとんどは経営側が出してきた数字に対してアドバイスするだけなんですよ。しかし、私はこれまで製造業界で長年にわたって身に付けたノウハウがあるので、それらを生かして机上の空論ではなく現場の方が実際に行動を起こせるプランを立案させていただいているんです。

千葉 なるほど。現場の実情に理解のある大原社長だからこそできるコンサルティングを提供していらっしゃるということですね。

大原 ええ。「モノづくりの現場の第一線がもっと輝く社会の実現」をミッションに掲げて経営と現場の意思疎通を図り、現場活動をサポートしています。また、具体的に私が大切にしていることは、経営者の意見も現場の実績も否定せずまずはじっくりと傾聴することなんです。

千葉 一方的なコンサルティングにならないようにしていらっしゃる、と。

大原 はい。これまで皆さんがやってきたことのどこが良くて、どこが問題だったのかについて丁寧に診断し詳細に改善策をご提案しています。そのようにして、時間をかけながら皆さんと信頼関係を築き、納得して動いていただくことで現場の改革がスムーズに進んでいくと考えているんです。

千葉 こうしてお話をしていても、経営者や現場の方々に寄り添う姿勢がとても伝わってきました。クライアントさんも安心してご依頼できるでしょうね。

大原 ありがとうございます。製造業は日本を支える業界ですから、現場の第一線でモノづくりに励む方々に、自信と誇りを持って元気に働いていただくことが私のテーマなんです。私の提案したプランを受け入れていただき、「やってみよう」と前向きな言葉をいただけたときには、本当に嬉しいですしモチベーションにもつながっています。

千葉 それでは最後に、大原社長ご自身の夢や目標をお聞かせください!

大原 今後は協力し合えるパートナーを増やし、飲食業やサービス業にも支援の輪を広げたいですね。また、事業承継など中小企業のあらゆる課題を解決し次の時代につなげることが目標です。そのために私の力が役立つのであれば何でもしますので、お気軽にご相談ください。一緒に産業界を盛り上げていきましょう!

GUEST COMMENT

千葉 真子

これまでに積み上げてきた製造現場とコンサルティングの経験を、存分に生かしてご活躍中の大原社長。モノづくりの現場で活躍する方々へのリスペクトもひしひしと伝わってきました。これからも社長のお力で多くの企業にさらなる活気を与えていってくださいね。今後のご活躍を応援しています。


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則