インタビュー

スペシャリスト

TS人事労務オフィス

東京都昭島市出身。大学卒業後は銀行で営業や融資を担当。複数の業界を経てメーカーに移籍し、経営幹部として海外の工場に出向する。日本企業の課題である人事・労務の悩みを解決するために社会保険労務士の資格を取得。2021年、「TS人事労務オフィス」を立ち上げた。

TS人事労務オフィス
住所 〒196-0004
東京都昭島市緑町1-17-26
URL http://www.tsjinjiroumuoffice.com/

大路 まずは、流石所長が社会保険労務士としての活動に至るまでの歩みからお聞かせください。

流石 私は大学を卒業後に銀行に勤めました。そこでは営業を通じてお取引先様の事業内容や将来性を見極める機会が多く、資金繰りを含めた経営に関するさまざまな事案を学ぶことができました。その後、数社の人事・総務と経理の経験を積みメーカーへ移籍しました。その間在籍していた会社で、労務や人事制度で問題を抱えているのではないかと感じていました。しばらくして海外の工場に経営幹部として出向することになりましたが、日本人の考え方のベースにある「暗黙の了解」は現地では理解されませんでした。問題を感じていた答えの一端を確認させられた一例です。

大路 いつも「言わなくてもわかるだろう」では通用しないというわけですね。

流石 大路さんのおっしゃる通りです。会社は右を向いているのに従業員にその意図が伝わらず左ばかり向いている―このような状況では、会社の競争力も伸び悩むばかりだと感じていました。そこで私は社会保険労務士の資格を取り、頑張って働いているのになかなか業績が伸びない中小企業を人事・労務の面からサポートするために2021年に独立しました。社会保険労務士にした理由は、人事には法律のルールが多く専門知識が必要だからです。

大路 なるほど。まさに流石所長のようなプロの手腕が求められる分野ですね。

流石 はい。そこで私は中小企業を成長させ、経営者と従業員が共に幸せになれる人事制度をつくり上げて事業計画を支援するために、難解な用語を簡単にご説明することを心がけながら日々の業務に取り組んでいます。利益が出たら従業員に還元するなど、誰もが目標を持って働け、やりがいを感じられる職場づくりで中小企業を応援しているところです。

大路 中小企業のお客さんとのお付き合いで流石所長が大切にしていらっしゃることがあれば教えてください。

流石 士業というと「上から目線で指導をしたがる人」という印象があるかもしれません。しかし、私は自分はあくまでもただの脇役だと思っています。本当の主役である社長様や従業員様を、縁の下の力持ちとして支えることを何より大事にしているんです。同じ目線で皆様の活躍する場を整えて、仕事に達成感や充実感を味わっていただけるようにするのが私の役割です。そして自分の知識・経験・資格が社会の役に立っていることに対して大きな喜びを感じています。

大路 それでは最後に、流石所長ご自身の将来の目標を教えていただけますか?

流石 私と同じ理念の仲間を増やし、そして仲間の中小企業をますます発展させ、懸命に働く方々の幸福を増やすことに貢献する―これが、社会保険労務士である私の変わらぬ目標です!

GUEST COMMENT

大路 恵美

経営者と従業員、どちらの立場も理解して関係を整理し、やりがいのある職場をつくり上げてくださる流石所長。人にはなかなか相談しにくい悩みを解決してくださる所長は本当に頼りになる存在だと思います。これからも熱い気持ちで働く人々に寄り添い続けてください。さらなるご活躍を期待しています!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則