インタビュー

建築

高い技術と柔和な雰囲気を両立

矢部 あらためて、現在どのような現場を手がけられているか教えてください。

佐藤 当社では住宅・マンション・ビル・店舗などの一般建築塗装工事を中心に、シーリング工事や防水工事、足場工事、タイル張り工事といった建築工事全般を幅広く請け負っております。他にも、看板のサインを書いたり、喫茶店内の暖炉の囲いをつくったり、お客様からのご要望があれば可能な限り柔軟に対応させていただいているんですよ。

矢部 塗装を強みとしながら、他の工種も高いレベルで対応してくださるんですね。一貫してお任せできるとなれば、お客さんは心強いでしょうね。

佐藤 ありがとうございます。当社には一級建築塗装技能士の資格を持つ職人が複数名在籍しており、それぞれが自分の強みを発揮することで、どんな工種においても質の良い仕上がりを実現しています。また、メンバーのほとんどは私の古くからの知り合いや友人で、私と同じくアパレル業や理髪店など接客業から転身しているんです。だからこそ、お客様への気配り・コミュニケーション面では同業他社に負けない自信がありますし、実際それがご紹介やリピーターのお客様の多さにつながっていると思います。

矢部 そんな頼もしいスタッフさんたちと接するうえで、佐藤社長が普段から心がけていらっしゃることはありますか?

佐藤 現場では、私から褒めるということは滅多にしないようにしています。お客様からの感謝の言葉は伝えますが、私が褒めたことで「このくらいでいいのか」と満足してほしくなくて―皆に対して「まだまだできる」という期待を持っているからこそ、あえて褒めない選択をしているんです。一方で、スタッフが何か困っていることがあれば、すぐに相談に乗ります。一緒に働く仲間たちは家族のような存在だと思っているので、スタッフの悩みは自分の悩みだというくらいの気持ちで解決しているんです。

次世代を育て100年続く会社に

矢部 一人ひとりに寄り添いつつ、引き締めるべきところはしっかり締めていらっしゃる佐藤社長の下でなら、腕利きの職人さんが多く育ちそうです!

佐藤 そう言っていただけると嬉しいです。当社の職人は初めて足を踏み入れた現場に感動し、仕上げの写真を撮って自分の家族に見せるほど、本気で仕事に臨んでいます。お客様のご自宅やお店を美しく仕上げるこの仕事は本当に達成感がありますし、これからも大勢の方の暮らしに少しでも貢献しようと全員で意欲を燃やしているところです。

矢部 最後に、会社の将来のビジョンについて力強く語ってください。

佐藤 拠点である札幌市から徐々に活動範囲を広げ、「INPATに頼めば大丈夫」と、数多の塗装業者の中からお客様に選ばれる存在になれるよう努力を続けていく所存です。また、塗装業に縛られずに業容を拡大していくことを見据えて法人化した背景もあるので、今後は新しい事業にも積極的に挑戦したいと考えています。そうして後進を育てながら100年続く企業に成長させることを目指して、一歩ずつ歩んでまいります。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

「異業種で学んできた物の考え方や人との付き合い方、すべてが今の仕事に生かされている。自分のやってきたことは無駄ではなかった」と語ってくださった佐藤社長。お話からも、経験されたことが糧となり武器となっていることが伝わってきましたし、ご自身で確固たる信念を持っているからこそ、スタッフさんたちが付いてくるのだろうなと思いました。

1 2


amazonからのご注文
2022年9月号
COMPANYTANK 2022年9月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、セーリング女子49erFX級の日本代表である髙野芹奈選手・山崎アンナ選手のペアがご登場!本物の姉妹のように笑い合い、そして認め合っているお二人に、セーリングの純粋な魅力や競技としての奥深さ、お互いに尊敬しているところ、次のオリンピックに懸ける意気込みなど、思う存分に語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 名高達男 水野 裕子 矢部 美穂 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則