インタビュー

美容・健康

Healing Esthetic Salon NORI・SUZU

自身がさまざまな施術を受ける中でモンテセラピーに出会う。モンテセラピー協会認定モンテセラピスト資格を取得し、2019年に「Healing Esthetic Salon NORI・SUZU」をオープン。2020年には、モンテセラピー協会認定モンテトレーナー(講師認定)資格も取得した。

Healing Esthetic Salon NORI・SUZU
住所 〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西8-2-1
URL https://www.nori-suzu.com/

矢部 私はこれまでさまざまなサロンを訪れましたが、「モンテセラピー」という施術法は今回初めて耳にしました。和田代表はどのようなことをきっかけにこの療法を知ったのですか?

和田 もともとエステ美容が好きで、いろいろな施術を試しながら、効果・結果・持続期間などを見ていました。その中でも私が「これは、すごい!」と感じたのがモンテセラピーだったんです。

矢部 具体的にはどういった施術になるのでしょう。ぜひお聞かせください。

和田 モンテセラピーとは脳指令が滞りなく伝達される体をつくる施術のことです。エネルギーの伝達を司るツボ・経絡の流れる位置を整えることで、神経伝達を経て瞬時に筋骨格のリフトアップを実現させます。人間は本来、誰もが恒常性維持機能という美しく健康な状態をキープし続ける力を持っています。ただ、筋肉の縮みやねじれ、骨格の歪みなどでその機能がうまく発揮できない状態になり気血水も滞り体内も不調に。内外を同時に整えていくのがモンテセラピーです。

矢部 なるほど、体の土台を整えていくというイメージですね。

和田 その通りです。いろいろなエステを受ける前に、まずは美しく生きていくための「自分力」を鍛えるのが大事なので、私はモンテセラピーを通じてそれを実現したいと思っているんですよ。

矢部 Webサイトを拝見したところ、モンテセラピーの他、リフレクソロジーや筋膜リリース、ヒーリングなども行っていらっしゃるんですね。

和田 はい。モンテセラピーの施術前に筋膜を緩めてあげるとより効果が高まります。頭の先から指先1本1本、体内までもきれいに、というのが当サロンのコンセプトです。お客様の美しさをトータルで引き出していきたいと思います。

矢部 和田代表にご相談すれば、何でも改善できそうですね。お客さんと接するうえで心がけていることはありますか?

和田 外側だけでなく内側も整ってこその美なので、食事や睡眠時間、体質改善のためのアドバイスもさせていただいています。私自身、お客様に何か聞かれたときにお答えできない状況が嫌なので、健康に関する資格も取得する等、日頃から勉強を欠かさないようにしています。

矢部 すごいバイタリティーですよね!

和田 完璧主義なので、すべてがそろってからじゃないと行動に移せなくて(笑)。当サロンはそんな中でオープンしましたので、施術には自信があります!

矢部 心強いお言葉です。今後も新しいことを追求していかれそうな代表ですが、将来の展望などはありますか?

和田 これからも、「このサロンに来たら、何とかなる」と、お客様に思っていただけるサロンでありたいですね。10年後、20年後も美しく、健康であり続け、いつまでも若々しくいられる女性を増やしていきたいと思っています。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

多くの人が「これくらい学べばよいかな」、と思ってしまいそうなところを「もっともっと」と飽くなき追求をされている和田代表。そのバイタリティーと探求心がとても素晴らしいと感じました。私も家の近所にあったらぜひ通いたいところです。今後も、多くの女性たちを健康で美しくしてあげてください!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則