インタビュー

スペシャリスト

Office Santos

13歳から陸上競技を始める。箱根駅伝出場を目指し大学進学を機に上京するも、夢はかなわず挫折を味わう。卒業後は建築会社を経て金融会社に転職。ファイナンシャル・プランナーの資格を取得し、「Office Santos」を開設。FPとして人生のサポートをしながら、ランニングの目標達成や地域貢献活動に打ち込んでいる。

Office Santos
住所 東京都多摩市
URL https://tsuku2.jp/santos

千葉 半田さんは、FPとランニングという2つの軸で活動されているとか。

半田 はい。私は幼い頃から走るのが好きで、大学時代は箱根駅伝に出場したくて上京したんですよ。しかし出場はできず夢を諦め、卒業後は建設業や製造業を経験し、金融会社に就職しました。そこでノウハウを身に付けFPの資格を取得した私は、活動の範囲を広げるために「Office Santos」を立ち上げたんです。しばらくは走ることから離れていたものの、学生時代に打ち込んだマラソンがどうしても諦めきれませんでした。そこで、地域の皆さんと一緒に走り、目標達成をしていくためのコミュニティをつくるべく、「ファイヤーレッドランナー」としての活動も始めたんです。

千葉 とても興味深いです。事業について、具体的にお聞かせいただけますか?

半田 ジョギングやランニングを通じて健康につなげたり、楽しさを感じていただけたりするよう、子どもたちに向けたかけっこ教室や、YouTube「炎のサントスチャンネル」(https://youtu.be/gsMXfWv62Jw)での活動などを行っています。健康管理・体力維持、ダイエット、自己記録更新など、走ることにはさまざまな目的を持った方々がいます。そんな方々との縁を大切にしながら、走る楽しさやつながる大切さを伝え、ポジティブに歩む活動をしているんです。また、FPとしては今でもお付き合いさせていただいている方々のサポートや、お金に関する啓蒙活動などを行っています。

千葉 また、半田さんには「ライフカタリスト」という肩書きもあるそうですね。

半田 ええ。「カタリスト」は触媒といって、初対面でも化学反応が起きるような状況を指します。これは私がお世話になった偉大な先輩から引き継いだもので、私も人と人とをつなぎ、化学反応が起こせる存在になっていきたいと考え、「ライフカタリスト」として活動をさせていただいています。

千葉 モチベーション高く活動していらっしゃるようで、今後が楽しみですよ。

半田 ありがとうございます。私自身、大学時代に限界までチャレンジできていなかったと心残りがあったので、今はなんでもチャレンジしていこうと考えているんです。そして、FPというお金の専門家として皆様に有益なことをお伝えしていきたいと考えていますが、やみくもに活動するだけでなく、相手にとって必要なものを感じ取り、それを的確に伝えて、いろいろな選択肢を提示できるような存在になっていきたいですね。

千葉 最後に、意気込みをお願いします。

半田 一人ひとりの方の人生における「伴走者」として今後も全力で走っていきたいと思っていますし、活動を通じて長年住んでいる多摩市に貢献していければと考えています。もちろん、私自身も夢の実現に向けて、チャレンジを続けていきますよ!

GUEST COMMENT

千葉 真子

ランナーの方は、意識が高く前向きにチャレンジされていく方が非常に多いと感じていましたが、半田さんとお会いしてあらためてそのことを実感しました。マラソンを通じて、人の輪が広がっていくのも素敵ですよね。マラソンタイム、ご自身の活動、両方の目標達成を私もランナーとして応援しています!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則