インタビュー

建築

株式会社 I-One

先輩に紹介されたことをきっかけに、10代でリフォーム業界に飛び込む。腕を磨き19歳で独立。個人事業主としてさまざまな現場で活躍する。2022年1月に(株)I-Oneとして法人化を果たす。東京都葛飾区を拠点に新宿区から千葉県松戸市周辺までの幅広いエリアで、店舗やマンションのリフォームを手がけている。

株式会社 I-One
住所 〒125-0032
東京都葛飾区水元5-16-8 1F
URL https://d.ienakama.com/d4560/

安かろう悪かろうがまかり通るリフォーム業界で、愛と信頼を旗印に立ち上がった若武者。それが(株)I-Oneの大河内隆世社長だ。同業者も感嘆する工事を心がける大河内社長の技術と姿勢に、女優の吉井怜さんが迫った。


何よりもお客様への愛を大事に

吉井 東京都葛飾区を拠点に船出したばかりの(株)I-One さん。大河内社長の若さには驚くばかりですが、さっそくこれまでの歩みを詳しく教えていただけますか?

大河内 私は、先輩に紹介され10代でリフォーム業界に飛び込みました。学歴を問われず、技術や接客で実力をつければ成長できるのがリフォームという分野です。もともと人付き合いが得意というわけでもなかったのですが、仕事をしながらさまざまなノウハウを身に付けていきました。そして、19歳のときに個人事業主として独り立ちしたんです。

吉井 独立が早い職人さんは多いですが、さすがに19歳というのは珍しいですよね。

大河内 確かに、ほとんど聞いたことがないですね(笑)。でも、この業界に入ってすぐに手応えを感じたので独立意識はずっと前からあったんですよ。そして、一緒に働く仲間を増やし2022年1月に法人化を果たしました。

吉井 では、現在どのような案件を請け負っていらっしゃるのかや、陣容についてもお聞かせいただけますか?

大河内 現在は8名のスタッフや協力会社さんと共に、店舗の改装やマンションのリノベーションなどを手がけています。トイレの交換や家電の取り付けなど、リフォームなら大から小まであらゆる施工ができますので、ぜひ、一度お問い合わせをいただきたいですね。

吉井 1社にすべての工事をお願いできるとお客さんも助かるでしょう。ところで、(株)I-Oneというとてもユニークな社名の由来もお聞かせください。

大河内 この社名を見ると、「自分が1番ということなのか」とよく質問されますが違うんですよ。ちょっと照れくさいのですが「I」とは「愛」のこと。つまり、お客様への愛を何よりも大事にするという私の決意を込めているんです。

1 2


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則