• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 有限会社 カワフク 天国への扉 ペットメモリアル浜松 代表取締役 中野 麻美

インタビュー

サービス

有限会社 カワフク 天国への扉 ペットメモリアル浜松

静岡県浜松市出身。バスガイドや損害保険の営業を経て、父親が経営する(有)カワフクの仕事を手伝う。やがて2代目として会社を承継。ペットの見送りができず後悔した経験から2019年に「天国への扉 ペットメモリアル浜松」を開業し、ペットの訪問火葬を手がけている。

有限会社 カワフク
天国への扉 ペットメモリアル浜松
住所 〒430-0941
静岡県浜松市中区山下町113-4
URL https://www.tengokutobira-hamamatsu.com/

宍戸 中野社長が手がけておられるペットの訪問火葬とは、どのような事業なのですか?

中野 火葬炉を積んだ専用の火葬車でお客様のご自宅へうかがって、天国に旅立った愛するペットを火葬し、お骨を骨壺に入れてお返しするサービスをご提供しています。営業エリアは静岡県の西半分で、火葬にかかる時間は2時間から2時間半ほどです。中型犬までの大きさのペットに対応可能なんですよ。犬や猫をはじめ、これまでインコ、文鳥、ハムスター、チンチラ、ウサギ、ハリネズミなどもお見送りしてきました。

宍戸 煙や臭いが少し気になるところですが、その点はいかがでしょう。

中野 はい、ご安心ください。火葬車は煙や臭い、あるいは有害物質が出ないように設計されています。住宅地で周囲への配慮が必要な場合は、いつもペットと散歩をしていた公園の駐車場や河原など、思い出の場所で火葬することもできるんです。

宍戸 それはありがたいですね。中野社長がお客さんと接する際に心がけていることがありましたら教えてください。

中野 私も家族でこれまでに、犬や猫、小鳥や熱帯魚など、さまざまなペットを飼ってきました。以前は公共の火葬場の片隅でひっそりと見送るしかなく、お骨を返してもらえないなど悲しい思いをしたこともあります。そのような悩みを解決するのが当社の訪問火葬です。この業界はまだ歴史が浅く、事務的に火葬を済ませるだけの業者もいますが、当社はその点も異なります。お見送りの時間を十分に取り、お客様が語るペットとの思い出話に丁寧に耳を傾けるなどして最後のお別れを充実させ、心の区切りを付けていただけるように心がけているんです。

宍戸 それであれば、きっと飼い主さんも前を向いて歩けるようになりますよ。

中野 ええ。私は何よりもお客様の心のケアを大切にしています。ですから、火葬中はあまり暗い雰囲気にならないよう明るく振る舞うことにしているんです。また、当社では祭壇を組んでセレモニーを行うプランなどもご用意しています。お客様がペットをどのようにお見送りしたいのか、そのお気持ちを実現するために思いつく限りのサービスをご提供しているんです。ありがたいことに、創業から3年で4回もご利用してくださる方がいらっしゃるほど、当社はお客様から信頼を寄せていただいております。

宍戸 これからもペットを愛する方々に寄り添い続けてください!

中野 はい。私の目標はペットロスに苦しむ方を1人でも減らすことなんです。今後は火葬後のお骨を入れるお守りなどオリジナルグッズも制作し、サービスをより充実させていきます。そして、いつも横にいてくれるペットが旅立った後も、私自身がお客様の人生を支えていける存在になりたいですね。

GUEST COMMENT

宍戸 開

ペットは家族の一員。大切な命だからこそ、きちんとした形で見送りたいものです。周囲に気兼ねすることなくペットの旅立ちを祈ることができる訪問火葬は、まさに社会が待ち望んでいたサービスだと思います。今後も、中野社長のお力で大勢のお客さんをサポートしていってあげてくださいね。


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則