インタビュー

建築

エレクトリプル

工業高校卒業後は機械系の工場に勤務するも、現場仕事への興味から電気工事の世界へ。施工管理会社で4年、工事会社で2年、それぞれの視点から知識・技術を身に付け、2020年に独立して「エレクトリプル」を立ち上げた。現在は各種電気工事を中心に水回りやガスの工事にも対応し、地域の暮らしをトータルで支えている。

エレクトリプル
住所 〒340-0802
埼玉県八潮市鶴ケ曽根1753-17
URL https://www.electricity-triplets.com/

石黒 布川代表は、独立に至るまでに電気工事の管理と現場、2つの立場を経験してこられたそうですね。

布川 はい。私は工業高校卒業後に工場勤務を経てこの世界に入りました。最初は施工の管理会社で4年ほど経験を積み、「指示を出すには自分も工事を知る必要がある」と思ったことから、転職して現場仕事にも携わって―本当はもう少し長く修業するつもりだったのですが、三つ子を授かったこともあり時間的にも経済的にも余裕を持ちたいと考え、一念発起して独立した次第です。

石黒 新しいスタートを切られ、滑り出しの手応えはいかがでしたか?

布川 実は、前職で先に独立した先輩がいて、いろいろと相談に乗ってくださっただけでなく、独立後は仕事も紹介してくださったので、おかげさまで順調に拡大することができました。また、私自身が管理と現場の双方の視点で電気工事の知識をしっかり身に付けてきたので、その点も信頼につながったと思います。

石黒 では、現在どのような依頼を受けていらっしゃるのかについても、詳しく教えていただけますか?

布川 照明やコンセントまわりの整備、配線などの電気工事一式を中心に、エアコンや防犯カメラの設置・修理など、幅広く請け負っております。加えて、浴室・キッチン・洗面所など水回りの施工や、最近はガス工事の資格を取得したので給湯器の設置・交換などにも対応でき、設備工事を一貫してサポートさせていただけるのが他にない強みですね。

石黒 それは素晴らしい。家のことは、問題が1つ解決すると「次はここも、ここも」となりがちですから、まとめて対応していただけるのは心強いです。

布川 ありがとうございます。管理の仕事をしていた頃も、現場でさまざまな工事ができる人材を重宝していたため、自分もそういう人間になりたいと思って日々努力しています。施工時には後のことまで考えた作業を徹底し、最終的には見えなくなる配線の部分まで美しく仕上げるよう心がけているんですよ。

石黒 誠実な布川代表のもとには多くの依頼が集まってくるでしょうし、お仕事のやりがいも大きいのでは?

布川 そうですね。お客様から「生活が豊かになった」「便利になった」と声を掛けていただいた時には喜びを感じます。私としても地域密着の会社にしたいと思っているので、ちょっとしたことでも気軽にご相談いただきたいですね。

石黒 最後に、将来のビジョンについても力強く語ってください。

布川 今は2人で現場に出ていますが、今後は従業員を増やしていき、技術や知識を深め、受ける仕事の幅と量を増やしていくスタイルで成長したいと思います。アフターフォローを含めて確かな施工をいたしますので、暮らしのことなら何でもお任せください!

GUEST COMMENT

石黒 彩

屋号の「エレクトリプル」は、“電気”と“三つ子”が掛け合わされたものだそうで、仕事熱心ながらご家族思いの布川代表のお人柄がとてもよく表れていると感じました。良い意味で職人らしくない柔和さをお持ちで、地域の方々も頼りやすい存在になるはず。今後ますますのご活躍を心から期待しています!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則