インタビュー

IT

株式会社 リアルインベント

青森県十和田市出身。東京の専門学校を卒業後、ベンチャー企業に就職し、システムエンジニアとして活躍した。独立の志を持った仲間と共に準備期間を経て(株)リアルインベントを創業。業界を問わず企業のインフラを設計・開発から保守までサポートする事業を展開している。

株式会社 リアルインベント
住所 〒116-0013
東京都荒川区西日暮里5-14-10
サンライズビル 3F
URL https://realinvent.co.jp/

矢部 村岡社長のこれまでの歩みからお聞かせいただけますか?

村岡 私は専門学校を卒業してからは、システムエンジニアとしてベンチャー企業に就職し経験を積んできました。そこでは起業あっせん制度が設けられていて、同期とよく「いずれ独立しよう」と話していたんですよ。そしてそれぞれの基盤となるノウハウや知識が身に付いた頃に、仲間と共に独立し当社を立ち上げました。以来、企業活動の基盤となるシステムのインフラを設計・構築・運用・保守と幅広くサポートする事業を展開しており、順調に成長を続けています。

矢部 仲間の皆さんと一緒に立ち上げられた会社なんですね。とはいえ、IT業界は競争が激しいとよく耳にします。独立当初はご苦労も多かったのでは?

村岡 そうですね。ただ、私たちは自分たちの技術に自信を持っていますし、だからこそ安売りするようなサービスの提供の仕方はしたくなかったんです。優秀なエンジニアが最高のサービスを提供することは当社の強みでもありますから。そのため、単価の設定を比較的高めにしていたので、独立当初はなかなかご依頼いただけないこともありました。しかし今では、そうした私たちの強みを求めてくださるさまざまな業界の方々とたくさんの
ご縁をいただいています。

矢部 皆さんと共に固い信念のもと歩みを進めてこられた、と。

村岡 ええ。また、当社のスタッフは私を含めて全員がエンジニアです。この仕事は技術面や精神面で悩みを抱えることもあるのですが、私たちはお互いの気持ちを理解し合い、どんなことも臨機応変に対応し全力でサポートし合っています。おかげさまで当社の離職率は非常に低く、1つのプロジェクトが終わっても、お客様から「また、同じエンジニアに来てほしい」とおっしゃっていただける機会が多いんですよ。社内の雰囲気もとてもアットホームなんです。

矢部 社長ご自身もエンジニアということが、スタッフの皆さんにとって過ごしやすい環境づくりに生かされているんだと思います。

村岡 そうであれば嬉しいですね。ちなみに、社名は「Realize(実現する)」と「Invent(生み出す)」に由来しています。そして、「自主・創造・開拓」の精神を大切にしながら、今後はITを軸にして地方創生にも貢献しようと考えているんです。というのも、地方にはIT企業がほとんどなく、雇用も少ないため若者が都会に流出してしまいがち。だからこそ、当社が雇用を生み出したいと思ったんです。その先駆けとして、実は私の故郷である青森県十和田市に支社を設立しました。そこを拠点にセミナーや講演会を開催し、ITの理解を深め雇用を促進しようと動き出しているところでして。この勢いを維持して、地域活性化にも貢献し続けてまいります!

GUEST COMMENT

矢部 美穂

スタッフ全員が同じ目線に立ち、悩みを共有できる(株)リアルインベントさんならば、お互いに支え合いながら働けるでしょうし、一層質の高いサービスの展開につながっていくと思います。これからは地方創生にも力を入れた取り組みをされていくとのことで、今後のご活躍がとても楽しみになりました!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則