• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 株式会社 アンビシャス 代表取締役/人事評価コンサルタント/トレーナー 月橋 一浩

インタビュー

スペシャリスト

株式会社 アンビシャス

(株)ダイエーで販売業務を経験した後、人事業務に長年にわたり携わる。採用や教育、労務管理などを務めた。程なくして大手コンサルティング会社へ転職し、マネジャーや執行役員営業部長兼コンサルタントとして活躍。その後独立し、(株)アンビシャスを創業した。

株式会社 アンビシャス
住所 〒815-0071
福岡県福岡市南区平和2-7-24
アンビシャスビル2F
URL https://www.ambitious777.com/

矢部 人事評価コンサルタントとしてご活躍中の月橋社長。独立までの歩みをお聞かせください。

月橋 もともと私は、10年以上にわたり(株)ダイエーで人事の仕事に携わってきました。転職後も人事畑を歩み続け、さまざまな経験を積む中で次第に独立を意識するようになったんです。そして、2011年6月に当社を立ち上げました。

矢部 では、人事評価コンサルタントというお仕事についても教えてください。

月橋 それぞれの会社に適した人事評価の仕組みをご提案するのが、この仕事です。例えば、ビジネスパーソンに対する上司からの評価には「成果を上げた・上げていない」「仕事が早い・遅い」「ミスが多い・少ない」など多数の項目があります。とはいえ、「社内のルールを守らないが成果は上げる」という社員の評価は難しいもの。なぜなら「成果を上げれば行動は問わない」という方針で高評価を与え、その社員を昇進させれば部下にも同じ教育をするようになり、やがて、社内のルールが形骸化してしまうからです。そこで「そのような社員は賞与の面で評価を示し、昇進はさせないほうが良い」というようなアドバイスをするのが私の役目なんです。

矢部 なるほど。適切な人事評価は、社員のモチベーションを高めることにもつながるでしょうね。

月橋 おっしゃるとおりです。ただ、このような話をセミナーや講演でしても退屈で寝てしまう方が多いんですよ(笑)。なんとかして人事評価制度にもっと意識を向けていただきたいと考え、私が開発したのが人事評価ゲーム「SCALA(スカーラ)」なんです。

矢部 それはとても興味深いですね。ぜひ詳しく教えてください!

月橋 「SCALA(スカーラ)」はトランプの「大富豪」に似たカードゲームなんです。「安心して仕事を任せられる」「書類の数字を間違えることが多い」など、社員の印象や日々の業務にまつわる出来事を書いたカードを責任感・正確性・情報共有など種類ごとにAからDランクまで用意し、相手が捨てたカードより高いランクのカードを出してゴールを目指すゲームです。上司と部下が一緒に楽しみながら人事評価の基本を理解できる「SCALA(スカーラ)」は、オーダーメードで制作しています。おかげさまでとても評判がいいんですよ。

矢部 自分の会社の評価基準を、ゲームで楽しく学べるのはありがたいです!

月橋 これからより一層多くの方にとって身近な存在となるべく、オンライン化に向けて準備も進めているところなんです。上司ごとに異なる評価の不公平さをなくし、誰もが働きやすい職場をつくる。そして「社員の表情が輝くようになった」「コミュニケーションが円滑になった」など、お喜びの声をたくさんいただけるよう、これからも頑張り続けます!


GUEST COMMENT

矢部 美穂

人事制度を見直し、誰もが生き生きと働ける会社を増やしたいと語る月橋社長。楽しいゲームで人事評価を実践的に学べる「SCALA(スカーラ)」には驚きました。その情熱と信念は、必ず埋もれた才能を発掘し企業の業績アップに貢献するはず。ぜひ、社長の手で日本の会社を改革していってください!


躍進企業応援マガジンCOMPANYTANKご案内

amazonからのご注文
2022年11月号
COMPANYTANK 2022年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元関脇・安美錦の安治川竜児氏がご登場!25歳で右膝靱帯断裂、その後も度重なる大ケガに見舞われながらも不屈の「挑戦者魂」で復活し、関取在位歴代1位の記録を打ち立てた同氏に、親方としての心構えや、苦境を乗り越える方法、相撲で勝つために必要なことについて、ユーモアを交えながら語っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 鶴久 政治 宮地 真緒 矢部 美穂 名高達男 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則