• TOP
  • >
  • インタビュー
  • >
  • 訪問医療マッサージ すこやか治療院 代表取締役 大河原 健多郎

インタビュー

医療・福祉

訪問医療マッサージ すこやか治療院

長年、飲食業に携わり、その後、フランチャイズとして仲間と共に独立。コロナ禍を機に、地元である江戸川区で、「訪問医療マッサージ すこやか治療院」を並行してスタートさせた。訪問マッサージを通じて、地域の「まちづくり」をサポートしている。

訪問医療マッサージ すこやか治療院
住所 〒134-0091
東京都江戸川区船堀3-16-7
URL https://sukoyaka-chiryoin.com/
株式会社 STR
住所 〒133-0061
東京都江戸川区篠崎町7-29-39 谷口ビル1F

 大河原代表は長年飲食店を経営されているそうですね。全くの異業種である
訪問医療マッサージに挑戦しようと思われたきっかけをお聞かせください。

大河原 コロナ禍で飲食業界は大きな打撃を受けました。私も2店舗を経営していましたが、1店舗閉店することになり・・・そんな状況で従業員の生活を守るために、自分が新たな分野に挑戦し、仕事を開拓していくことにしました。その中で出合ったのが、訪問医療マッサージです。私は、せっかくなら生まれ育ったこの地域に貢献できる仕事がしたいと思っていましたから、その意味でも今の事業はぴったりだったと思います。

 訪問医療マッサージについて、少し詳しく教えていただけますか?

大河原 後期高齢者保険を使って療養されている方向けに、私たちがご自宅や施設などに出張してマッサージを行うサービスです。健康保険が使えるため、ご自身の負担は20分程度の施術で300~400円ほどと、お安くなっています。介護保険の枠も圧迫しないので非常に利用しやすくなっていますし、施術をするのはすべて国家資格を持つマッサージ指圧師なので、技術的にも申し分ありません。

 確かに、サービスの内容に比して金額が安く感じます。その点で少し怪しく思われてしまうことはないですか?

大河原 実際に、サービスをご提案させていただく方の多くが、嶋さんと同じような感想をお持ちになられます。その際に心がけているのが、私たちの仕事について包み隠さずお伝えすることです。ごまかしも入れずにすべてをさらけ出すことで、利用者の方とオープンな関係を築いていきたいと思っています。また、このサービスを利用するには医師の同意書が必要なのですが、そこに煩わしさを感じる方であれば、同意書をもらうところから一緒に行き、サポートしているんです。知名度が低い分、信頼していただくことが非常に大事だと考えています。

 お話をうかがい、真にお客様に寄り添っておられる様子が伝わってきます。

大河原 考え方としては、飲食店とまったく同じです。いかにお客様に喜んでいただき、「ありがとう」と言っていただけるために何をすればよいのか。当社では、常にお客様のことを優先的に考えるようスタッフにも伝えています。それが楽しく仕事をするためにとても大切な要素だと私自身実感しているんです。

 素晴らしいお考えですね。今後の展望についてはいかがでしょうか?

大河原 現在、飲食店に関しては私がいなくても大丈夫なほどスタッフが頑張ってくれています。ですから私は、訪問医療マッサージの事業は継続していきつつ、また新たな飲食店を開く方向でも動ければと考えているんです。今後も、何よりもお客様、患者様の「ありがとう」を集めていきたいです。そしてそれが事業の成長にもつながると思っています。

GUEST COMMENT

嶋 大輔

大河原代表のお話には私も本当に共感できることが多かったです。正直なところ、何も付け加えることはありません(笑)。代表の誠実なお人柄が言葉の端々から伝わってきました。ご自身の信念を貫いていけば、必ずや良い結果が出るはずです。代表の今後のさらなるご活躍を、私も応援しております!


amazonからのご注文
2022年7月号
COMPANYTANK 2022年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、現役時代に圧倒的な強さで「怪物」と称され、現在は日本競輪選手養成所の所長を務める瀧澤正光氏と、平昌オリンピック・男子モーグル銅メダリストで、競輪選手への転向を果たした原大智氏がご登場!他競技から競輪へ転向したという共通点を持つお二人に、競輪の醍醐味や選手にとって大切なこと、さらに競輪界の未来のことまで、対談形式で語り合っていただきました!どうぞお楽しみに!!

定期購読のご案内
 

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

名高達男 矢部 美穂 宮地 真緒 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ 駒田 徳広 杉田 かおる 畑山隆則